ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私が働いていたカフェは、ウェールズ、イギリス南西部を中心に展開しているチェーン店で、特に親会社が変わった数年前から新店舗のオープンラッシュ。正直、何かに取り憑かれているのかと思うほど…それはもう驚異的な勢いで、それは全盛期のスターバックスのような。出店スピードは、年に10~15軒。さらに、新規のお店はどれもこれもとにかくでかい。

ブリストル、グロスターロード沿いのカフェで働くこと5ヶ月。そんな時に、私が住む地域にも出店することが決まった。実は、私の家から働いていたカフェまでは30分の車通勤をしていたのですが、新しい店舗なら車で5分。それまでのお店は規模も、お客さんのキャラクターも大好きだったのですが、通勤時間、営業時間、更にガソリン代などを考えると近所に移動するのが最良ではと思い、移動願いを出すことに。


その後、2013年1月後半から新店舗へ移動。

勤務初日より、これまでのお店との違いに予想以上のショックを受ける。もちろん、ロケーションも違うので、地域住人のタイプも違うので、それは予想していたことなのだけど…こんなにも違うのか?という強烈な驚き。


まず、具体的な違いはというと…

①お店の大きさ
このチェーン店が最近多く展開しているのは、郊外型の店舗。街の中心ではなく、住宅地に近い場所。ターゲットとなるお客は、1人やカップルよりは、家族、友達グループ。だからなのか、とにかくでかい。本当にでかい。カフェと言う枠をすでに超えている広さ。

②店員
皆イギリス人。外国人は私のみ。

③顧客
ほぼイギリス人で、98%くらいは白人。立地柄、コッツウォルズ地方にも入る場所なので、それら地域に住んでいる人々=それなりにお金持ち。

④ロケーション
コッツウォルズの一角。昔ながらの趣きのある町並み。有名パン屋や、アンティークマーケットなども開催される町。田舎。平日は、人影はまばら。週末のイベント時には、駐車スペースが見つからないほど。


勤務初日は平日だったので、とにかくヒマ。暇な日でもそれなりにバタバタしていたグロスターロードのお店と雲泥の差。ただ、1ヶ月前(2012年のクリスマス前)にオープンしたばかりだったのと、上記のようにその通り自体に平日は人が少ないことなどもあり、これに関しては納得。


それが、週末になると同じお店とは思えないほどの忙しさ。それに地域のイベントなどが重なると、忙しいというレベルでは済まされない程。

-レジ前は、酷い時は入口付近まで(約20メートル)続く行列。

-さらに皆家族連れ、もしくはグループ。その為、一人のお客様からの注文がドリンク5杯、さらにお昼前後だとこれにパニーニなどの食事が追加。次のお客さんも、ドリンク6杯…これが延々と続く。



スターバックスなどのお店に行ったことのある方ならわかるかと思いますが、例えばエスプレッソを利用した飲み物、カフェラテとかカプチーノとかって、注文して提供されるまでに意外と時間がかかりますよね。実は、単純計算で、1杯のドリンク(エスプレッソ+ミルク)を作るのには最低でも55秒かかります。


その内訳です。↓

・飲み物をレジにて注文。バリスタと呼ばれる、エスプレッソマシンを使ってコーヒーを淹れる人に注文を伝えます。

・注文が来たら、エスプレッソを入れるための豆を挽きます。一杯分のエスプレッソ(2ショット)の豆を挽くのにかかる時間が、最低約7秒。その前に、挽いた豆を受け取るためにハンドルをグラインダー(豆を挽く機械)にセットしなければいけないので、この間で最低でも10秒以上かかります。
この作業を終えたのが以下の状態。

handle
* www.shutterstock.com/より拝借


・上の写真の状態から、専用器具で豆の表面を圧力を加えて均し、やっとエスプレッソマシンに設置。ここで最低6秒。

・設置後するに抽出ボタンを押し、カップにエスプレッソを抽出します。これに、最低25秒。これ以下だと美味しくないのです。

・抽出ボタンを押すとすぐに、ミルクを温める作業に入ります。ピッチャーと呼ばれる専用容器に、注文されたドリンクのサイズに合わせた容量のミルクを注ぎ、スチームの力でそれを温め、必要によりなめらかな泡(フォーム)も作ります。通常のサイズなら、エスプレッソ抽出が終わるとすぐにミルクの温め作業を終わることができます…が、すぐにミルクを注ぐわけには行かないのです。

・温めたばかりのミルクは泡の状態が荒いので、まずこれを滑らかな状態にしなければいけません。ピッチャーのそこをテーブルに叩きつけて荒い泡を潰し、さらにピッチャーを揺すり中のミルクを回流させ泡のキメを細かくする作業をします。これに…6秒くらいでしょうか。

・やっとカップにミルクを注ぎます!でも…カプチーノなら、滑らかな泡を堪能してもらうために泡多め、カフェラテなどなら表面に綺麗な模様を描くこともあるため(出来ればですが…)ちょっと神経使います。仕上げのココアパウダーなりシナモンなりを振って完成までに、最低8秒。

そしてやっとお客さんに提供。


具体的な数字は、すべての動作において最低かかる時間です。合計は、ざっと55秒。



もちろん、提供時間を短縮する努力はしています。

大抵のカフェにおいてあるエスプレッソマシーンは、1台につきエスプレッソの抽出口が2つはついています。さらに忙しい時は作業を分担し、例えばカフェラテ4杯の注文のときは1人がエスプレッソの抽出作業にとりかかり、もう一人が一気に4杯分のミルクの撹拌をするということもします。その分担作業が出来れば「4杯✕55秒=約3分半」ではなく、最短で2分半くらいにはできると思います。

逆に言えば、それでも2分半は掛かるわけです。


更にいうと、4人が同じカフェラテを注文することのほうが少ない!中にはミルクじゃなくて豆乳にしてほしいという人。スキムミルクにしてという人。そうすると、ミルクの撹拌も個別にしなくてはならない。もしくは、エスプレッソのドリンクではなく、もっと時間のかかるスムージーなどの注文だってあるわけです。

そうこうしていると、どんなに分担作業をしたって注文が溜まってきます。そうすれば自ずと提供までにかかる時間だって長引くわけです。



もちろんお客さんにしてみたら、コーヒー一杯になんでこんなに時間がかかるんだ…と。その列が20メートルも続いていたら、実際に何十分と待たされるわけです。そりゃイライラするってもんです。

「なんでこんなに時間がかかるのよ!?もう30分も待ってるのよ。普段はこんなことないじゃない!!なにチンタラやってんのよ!!!」と言われてもね、私達にはどうにもできないわけです。私達だって、わざとのんびりやってるわけではないんですもの。


でもね、やっぱりこの状況、異常でしょ?

だって、カフェですよ??

カフェって、のんびりコーヒー飲んでくつろぐところじゃないですか?



誤解されないように言いますが、決して長い行列を作ってるお客さんを責めているわけではないんです。むしろ、そんなに長い行列に並んででも待っていてくれるのは本当に有難い。ただ、個人的にはカフェで長い行列に並ぶなんて絶対にしませんけど。



そこで、私なりに考えてみたのです。どうしてこんな状況が起こるのか、と。


長くなったので更に続く!
スポンサーサイト
2013.03.31 / Top↑
長々と、本当に長々とブログの更新をおやすみしておりましたが、ただ今戻って参りました。

お休みの間、何度も足を運んで下さった方、面識は無いのに心あたたまるメッセージを下さった方々、本当にありがとうございました。皆様のメッセージにどれほど励まされたことか。

当初の予定では4月に最更新とお知らせしていましたが、気づいたら7月も半ば!遅刻もいいところです(いつものことですが、テヘッ☆)。

体調はだいぶ通常の状態に戻って来ました。これから少しずつ、以前のようになんという事のない私の日常の生活や近況報告など、気ままに更新していきたいと思います。


☆イギリスにお住いの皆様
やっとやっと、そして突然の真夏日ですね。週末にはいつのも「雨」に戻るようなので、どうぞこの一週間思い切り日光を楽しみましょう!

☆日本にお住いの皆様
梅雨明け宣言が出される地域がちらほら。まだ九州北部や西日本での大雨は油断を許さない状況ですが、どうぞこれ以上の被害の拡大がありませんように。今回の災害で命を落とされた方のご冥福をお祈りすると共に、怪我をされた方や被害に遭われた方の一日も早い「日常生活」の復帰をお祈りいたします。また、全国で真夏日を記録しているようなので、どうぞ熱中症にはお気をつけて!節電が叫ばれていますが、決して無理しすぎる事の有りませんよう!

☆諸外国にお住いの皆様
季節も気候もイギリスや日本とは異なる地域の皆様、生活されている地域のお天気はいかがですか?北半球の多くの国では子供たちの夏休みが始まった頃でしょうか。どうぞお体をお大事に。体調を崩した私に言われても説得力の欠片もありませんが(苦笑)、どうぞ素敵な1週間を!


おゆり
2012.07.24 / Top↑
最後の更新からほぼ2ヶ月。
ちょいと体調不良が長引いており、日記の更新をおやすみしております。
来月あたりに復活できたらと思っています。

一応週に何度かはコメント欄などの確認はしますので、
コメント、連絡等あれば遠慮なく残して行ってください。

おゆり
2012.03.26 / Top↑
年の瀬が押し迫って来ましたね。

クリスマスを目前に控え、クリスマスショッピングも例年になく早めに終わり、ふと今年を振り返ってみようと思った次第です。私の日常は、大抵ドタバタしているものなのですが、今年のドタバタ具合は例年の比ではなかったと断言できるほど、いろんな意味で良くも悪くも(悪いほうが多いけど)濃く、激しく、非常にサバイバルで、それと同時に学び多い一年だったのではと思っています。

何かと落ち着かない毎日だった2011年で、たくさんの書き残したこと、欠いたけどまだ消化できていないこと、覚え書き、とランダムに書いていこうと思います。わたくし、文章にすると落ち着くタイプなので、自分浄化用です。

今後出てくるかわかりませんが、一応今回は「その①」です。

-------------------------------------------------------------------

前にも募金活動について書いた記事の中で触れたかもしれませんが、まだ私が日本に住んでいた若い学生だった時、毎年のように台風や洪水の被害に合うフィリピンやタイのニュースを見て、「どうして毎年災害が来るような場所に住んでいるんだろう。もっと他の場所に引っ越せばいいのに」と思ったことがあります。もちろんそんなこと口にしたことはありません。でもそれと同時に、「いや、この自分の考え方、なにかおかしい気がする」という意識もあり、「どうして人は危険だとわかっている場所に住み続けるのか」という難題に答えを見つけられないままでいたような気がします。

危険だから引っ越せば済む・・・そんな簡単な話じゃない。そういう意識はあったのですが、具体的な説明を付けられるまでには至っていなかったんです。そしてこういう感情を持っていた時、正直なところニュースに映し出されるこれらの人々を、どこかで見下していた所があるのも、恥ずかしながら事実です。だって、もし自分の実家のある地域、生まれ育った場所が「危険だから引っ越せ」と赤の他人に言われたって、そうそう引っ越せるものではないでしょう?これは私の個人的な意見で、必ずしも全てに当てはまるということはないかもしれないけど、「引っ越せばいいのに」なんて相手を見下していなければ口にできない言葉だと思います。全くもって他人事で、そしてなんて人間性に欠いた言葉なんだろうと、今は思います。


あるフランス人の同僚に、「被災地は復興すべきでない。今回地震が起こり津波が襲ったということは、今後同じ被害が起こる可能性があるから」とあたかも正論を述べているかのように言われ、怒りに言葉を失ったこと(その後激しく口論・・・あぁ、当然)。


別の同僚(イギリス人)は、私の募金活動を見て「自分の国だから感情的になってるんでしょ?そんなに募金が集まるわけがない」と小馬鹿にしながら私の知り合いにつぶやいていたらしい。ちなみに彼は仕事で日本滞在経験がある。


あるイギリス人女性に「なんであんな危険な場所からさっさと引っ越さないのかしら」と、ばかじゃないの?という感情見え見えの自信に満ちた表情で言われたこと。


実はヨーロッパの人たちって、こういう思想の人少なくないです。私のみならず、同じようなことをイギリス人やヨーロッパ人から言われた日本人の友人を何人か知っています。そして、それを言われた日本人の私たちは、彼らとの環境の違い、意識の違い、感覚の違いがあることを理解し、そしてそういう思想を持つ人にはきっと日本人の感覚はわからないだろうということも理解しています。

例えば、ヨーロッパの人にとって「引越し」って、日本人と比べるとすごく「簡単」なんです。もちろん全員ではなく、一般論ですけど。例えばイギリスから海外に引っ越す人の数は年3万人以上。人気の引越し先は、スペイン、南フランス、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ等。他にも東南アジアに引っ越す人も多い。理由は「暖かいから」。もしくは「物価が安いから」。仕事の都合という人も中にはいるけど、基本的には「その国で生活したいから」引っ越す。土地とか国、国境という感覚が、日本人とはそもそも違う。


でもね、その違いを理解していても、私は今も思い出すたびに怒りに震えます。


この発言をしたイギリス人女性は初対面で、知り合いでも何でもなかったのですが、ある取引先の人だったのでそこでもめるわけにはいかず。それにこういう人は何を言っても通じない。そもそも日本全国で地震が起きる可能性があり、そういう意味では安全な場所なんて日本にはないということも彼女は知りません。それでも黙っているわけにはいかず、


「私たちは日本で生まれ、日本で生まれ育ったからこそ、日本の文化を継承し日本人としてのアイデンティティを持っているんです。もし、日本人が危険だからという理由で国を捨てたら、自分たちの母国を失うことになるし、日本人というアイデンティティも失うことになる。ただ引っ越せばいいとか、そういう簡単なものじゃないんです」


と無理やり笑顔を作り、できるだけ穏やかに言ってみた。彼女はまったくもってわかっていない顔をしていたけど。


ここまで書いてふと気づいたのは、こういうことを平気でいう人って、それなりにお金もあって教養もある人(ズレてるけど)が多いような。少なくとも私や友人ににこういう発言をした人って、外国が身近な人ばかり。お金はあるから旅行でいろんな国に出かけていく。もしくは海外間の引越しや移住を経験している。(上記3人は全員これに当てはまる) 日本人の感覚、少なくとも私は、自分が訪ねたことのある国や場所には親近感を持つものだけど、こういう人達は多分違う。


これらがいいとか悪いとかではなく、根本的に違うのだ。言葉を重ねても分かり合えない違いが、外国にはある。


もちろんこういう人達ばかりではない。
これらの発言に対し、別のイギリス人達は呆れて言葉を失っていたし、「危険な場所=100年に一度の大災害、安全な場所(イギリス)=いつ暴動が起こるかわからない(←イギリス流の冗談です)。 (彼らの意見は)短絡的すぎて話にならない」という人も多数。


「たくさんの国に行ったことがある、旅行慣れしている=外国、多文化に理解がある」ではないという当たり前のことを、痛感した一年。



月並みな言葉だけど、今回の震災のことは、まだ過去の出来事にはできないし、してはいけないという思いが強い。ある意味、「風化」というのは当たり前の作用であるというのはわかっているし、今日本に住む人々が震災をどう受け止めているのかもよくわからないでいます。

愛知県出身で、イギリス在住の私がこんなことを言っても説得力の欠片もないし、自分でもどうしてここまで肩入れするのかという疑問がないわけではないのです。もし震災時に自分が日本に住んでいたら、もっと違った見方をしていたんじゃないかとも思います。もしかしたら、「祖国を思う望郷の念」(というと酷く大げさに聞こえるけど)に近い感情による所が大きいのではないかという気がしています。



なんだか尻切れトンボですが、今日はここまで。
2011.12.23 / Top↑
いろいろ考える所がありまして、「気分転換が必要だ」ということに気づきました。

いやまぁ、それにはずっと前から気づいていたのですが、いろいろ溜まり過ぎるといざリラックスしようと思ってもできないものなんですよね。常に考え事をしているような状態で、脳みそが休めない。

でもやはり、「強制的にでも気分転換の必要」という境地に達しつつあり、何かできることを…と考えた結果、まずはブログのテンプレートを変えてみました。

西川きよし師匠も常々おっしゃっているように、「小さなことからコツコツと!」の精神でございます。


実は、体調不良のため仕事を休んでいます。すでに3ヶ月目。
体調は、初めの2週間に比べると少し落ち着いていますが(この2週間は酷かった)、それでも回復までには至らず、今も休養を必要とする状態。

気分がなんとなく良い時もありますし、そういう時は「せっかく時間もあるし、これまで書けなかったブログでも書こうか」と思いながらも、「いやいや、私は病気で休んでいるのだから、ブログなんて書いちゃダメなのよ!」と無意味に(?)厳しくしてみたり。体調悪い時って、簡単な判断さえできなくなるんですよね。

そして、「休んでいることに罪悪感」を感じるという、ある意味どこまでも「日本人」なあたくしは、本日部長に「医者から休むよう診断書はあるけど、気分がイイ時はできるだけ家から仕事します!」とメールをしたら、

「何もするな」

と見事なまでの一刀両断な返信もいただきました。
なんだかちょっと凹んだのですが、いや、部長が正しい。全くもってその通り。まともに仕事ができないから休んでいるんだから、回復することに集中するのが今の私がするべきこと。

そんな当たり前のことすらよくわからなくなりますわ、体調悪い時は。
でもちょっとふん切れた気がします。気分がイイのなら、好きな事をやってしまおう、と。
だからといって何が出来るわけでもないのですが、とりあえず自分に「止めとけ」というのをやめようと思います。まずはそこから。

2011.12.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。