ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いつもバタバタしているのですが、今年はなんだかいつもと様子の違うバタバタや大変さが多いような気がしています。33歳。厄年のせいでしょうか…。

そんなことはさておき…、

天気が良く気温も低くなかったので、たった今まで(9:45pm)まで玄関のドアを開けっ放しにしておいたのです。驚かれるかもしれませんが、うちは一般道からプライベートの小道を100メートルほど入った所有地の中に家があるので、玄関が開けっぱなしでも全く問題なしなのです。それでも、所有地とはいえ「フットパス(Foot Path)」と呼ばれる散歩道?になっているので、赤の他人がうちの所有地を横断することも大いにあるのですが、気になるほどでもないので…。

別の部屋に置きっぱなしにしていた携帯が、メッセージを受信した音が聞こえたので部屋を移動しようとしたとき、玄関を通りかかると何かが視界の端に入ったような気が。開いている玄関から外に出て目を凝らしてみると、どうやら猫のよう。でもうちのディーバちゃん(猫)とは違う様子。いつも見る近所の猫とも違う。どこの猫?

腰をおろし猫を呼んでみたら、近づいてきた。

!!!

もしかして、Skinny!?


Skinnyとは、近所にいるある猫のことで、出会ったときはものすごくか細い子猫だったのです。首輪をしていたので野良猫ではなかったのですが、どこの家のネコかはわからず。子猫だったし、うちの周りに多分4ヶ月はいたと思います。きっと迷子になってしまい、帰り道が分からなくなってしまったのでしょう。

うちにはすでにディーバちゃんがいたので、我が家で面倒をみることもできず、でも飼い主を探すにも探しだせず、エサだけはたまにあげていました。うちの弟ひろが遊びに来たときに家の周りにいたので、2年?3年?ほど前のことかもしれません。

夏休みにニックがシェフィールドから戻ったとき、「多分近所に住んでいるリンダの家の猫だよ」とのことで(近所と言っても、猫にとってはかなり遠距離)、ある日Skinnyを猫用バスケットにいれリンダの家へ行ってみることに。リンダの旦那さんが家にいて、「ああ、よかった生きていて!しばらく見ていなかったから、どうしてイルカと気をもんでいたんだ」とのこと。リンダの家では、猫たちを家の中で飼うのではなく、『ファームキャット』と言って、ファーム(牧場)の敷地内で放し飼いなのです。ファームではこういう形態で買われている猫が結構います。もちろん寝る場所は馬小屋や動物小屋があるので、安全だし温かいのですが、このSkinnyも自分が住むファームからちょっと遠出をして迷子になってしまった様子。

4ヶ月の間、Skinnyは私が仕事から帰ってくると、待ちかねたように走って寄ってきて、ある時には獲物(ねずみなど)を私に献上することも。そのくらい懐いていたので、飼い主が見つかったときは嬉しかったけど、元気に生きていって欲しいと強く願っていました。


そして数年ぶりの再会。Skinnyはもう子猫ではなく、成猫になっていて一瞬見分けがつかなかったのですが、あのしなやかな体つきと美しいシルバーの毛はSkinnyそのもの。健康体だけど、細い体はSkinnyの体質なのね。多分誰にでもなつく、人懐っこい猫なんだろうけど、元気な姿を久しぶりに見れたこと、そしてなでさせてくれてとっても嬉しかったです。


実はこのファームハウスでの生活も後数日。Skinnyにあうのは今日が最後かも。ただいま引越し準備の真っ最中。この引越も、全くスムーズにことが運ばず、なんともイギリスというか…いや、イギリスにしてもひどいだろうとしか言いようのないこの状況。次回のブログ更新がいつになるかわかりませんが、無事引越し終了できることを祈るばかりです。
スポンサーサイト
2011.07.28 / Top↑
私が夏に日本に帰るまで、ちょろ松さんにはパートナーのちょろちゃんがいました。いつも2人(2匹)で、仲良く庭で跳ね回って遊んでいました。しかし、私が日本からイギリスに戻った8月半ば以降、ちょろちゃんの姿を全く見ていません。

ちょろ松さんの姿も全然見かけなかったのですが(これは単に私が忙しかっただけの話ですが)、昨日久々にちょろ松さんをお見かけしました。やっぱりちょろちゃんの姿はあらず。

ちょろ松さん、独身貴族に戻ったのかしら・・・。
2008.11.11 / Top↑
Katが来た前日の金曜日のこと。ブリストルのYate駅から仕事場のあるグロスターに向かう途中の電車から、白鳥の親子を発見!民家の池?小川??に2羽の親白鳥と5羽のグレーでフワフワの子供たち。子供のころに読んだ「みにくいアヒルの子」の絵本の挿絵を思い出した。

見事なねずみ色の子供たち。親鳥は真っ白で優雅な容姿ですが、子供たちは子供特有の丸っこくて、ヨチヨチとした動きでねずみ色。あの挿絵の絵と一緒!


その翌日の土曜日。義母(Mumと私は呼んでいます)の家に遊びに行った帰り道。夜11時ぐらいだったかな。車が動き出してすぐ、Mumの家から50メートルほど走ったところで動物が目の前を横切りました。反射的に「車を突然横切る動物」=「猫」と思ったのですが、あれ?尻尾がフワフワ。

キツネでした。

Mumの家は住宅地の一角にありますが、大きな公園に面していて、公園を散歩しているとキツネの巣穴(というのか?)を見つけることも出来ます。キツネって、日本だと北海道とかとても寒いところにしかいないイメージだったのでびっくり。キツネを見かけるのはイギリスに来てその時で2回目。

そして翌週月曜日。今度は帰りの電車から、野生の鹿を見つけました。家族に話したところ、さすがにこれは珍しかったらしく皆びっくり。

そしてつい30分前。これまた義母の家からの帰り道だったのですが、かなり交通量の多い道路を何かが横切っていく。猫ではない・・・またまたキツネでした。

日本で生活していたらまず遭遇することのない動物たちに、日常生活の中で目にするのはとても新鮮です。
2008.06.08 / Top↑
ちょろ松さんは毎日毎日、私がブログを更新していない日も我が家の庭にやってきていました。4月のはじめごろだったでしょうか。義父が「リスが2匹いるような気がする」と不思議なことをつぶやいていました。でも私が見るのはいつも1匹。でも、たまに「ん?」と不思議な感じがしたことはあったのです。なんというか、ちょろ松さんではないような・・・。

5月半ば、やっとやっと確認できました。幸せそうな2匹を!!!

choro6.02


わかりますか?右の餌が入っている筒にぶら下がっているのがちょろ松さん。左側のフサフサの尻尾がパートナーのちょろちゃん(ルーニー命名)です。

choro6.02-2


こちらがちょろちゃん。ちょろちゃんのほうが、ちょろ松さんよりも一回りからだが小さく、尻尾もやや細め。動きはちょろちゃんのほうが軽やかです。楽しそうに2匹で庭をはねている様子を見ると、ものすごく幸せになります。
2008.06.02 / Top↑
ずっとご無沙汰していた動物たちの近況。

仕事を始めた4月末、実は池ではモーヘンの赤ちゃんが7羽、お父さんお母さんの後ろをついて泳いでいるのを発見。

モーヘンは黒い鳥で、体長も20センチほどの小さな鳥。池にいるのは見かけるのですが、何せ黒いので写真を写すのがとても難しいのです。ですから今までの動物紹介でも紹介できずにいました。しかし、何とか子供の姿を写すのに成功(?)。
mohen


ええ、ええ。ぶれてますとも。でもこれが私の限界。でもどうしてもモーヘンの姿を載せたくて。

ピンポン玉大の体にフワフワの産毛をまとったかわい子ちゃんたちです。これが5月はじめの姿。


現在、親鳥とほとんど変わらないくらいの大きさに成長しています。羽のツヤなどは大人のものとはまだ異なりますが、成長の早さに驚きます。
2008.05.26 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。