ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週金曜日に永住権取得の吉報が届き、担当の弁護士からパスポートや提出した書類は翌週に送り返してくれるとと言われた。スペシャル・デリバリー(日本で言う速達)で送ってくれるとのことだったので、火曜日には手元に届くはず。

しかし、平日の昼間は家に誰もいないことが多く、案の定その日も誰もいなかったようで「配達に来たけど誰もいなかったよ」という郵便屋さんからのメモが家に残っていた。私の会社宛に送ってもらえばよかったのだけど、弁護士にそのことを伝えるのを忘れていた。

前に「郵便物受け取り・・・どうしろと?」でも書きましたが、郵便局に出向いて郵便物を受け取ることが出来る時間と言うのがものすごく極端で、朝7時から11時半の間に行かなければならないのです。結局仕事前に郵便局により受け取ることに。受け取りには郵便やさんが置いていったメモと身分証明書が必要。私のイギリスでの唯一の身分証明書であるパスポートは、受け取る郵便物の中に入っているので、前日に受け取った会社からの給料明細(住所と名前入り)を持っていって見せてみる。無事、封筒を受け取り、中身を確認する暇は無いのでそのまま会社へ。


会社について、早速封筒を開けてみる。まずはなんといってもビザの確認。パスポートを開いてビザが貼ってあるかどうかを見てみる。おお、あった!誕生日も名前のスペルも間違いなし。提出した書類は全部戻ってきたか?…と確認しようとすると、何十枚も送った書類の一番上に、ホームオフィス(移民局)が発行したと思われる手紙が載っていた。ふと目を通してみると、なんだか違和感を感じる。まず、私の名前がその手紙の中にない。今度はしっかりと目を通してみる。すると、なんとその手紙は私宛で無く、全く別人宛のものだとわかった。同じ日にホームオフィスにビザの手続きに行ったと思われるモロッコ人女性宛のもので、彼女のビザの期限延長を認めるというものだった。


これって、ものすごく大事な手紙なのでは?


そしてすぐに、イライラしてきた。まずは弁護士に電話。その手紙のことを伝えると、「ホームオフィスが間違えたみたいですね。こちらに送り返してもらえますか?」と。ああ、やっぱり。こう来ると思いましたよ。まずは怒りを抑えて、この女性への手紙を弁護士宛に送り返すことに。大事な手紙だし、確実に彼女の元に届いて欲しいので(まあ、実際届けられるかどうかは定かではありませんが。だってイギリスだから)、こちらも速達で送ることに。通常の封書なら70ペンスくらいですが、速達だと4ポンド80ペンス。私のミスじゃないのに自腹。


私に出来ることはすべて終え、自分の机に戻りまず落ち着いてみることに。そしてやっぱりいろいろ怒りがわいてきた。まずはホームオフィス。もう、期待はしていないし、他人宛ての手紙を全く違う人に手渡すと言うミスも、もう驚きません。むしろ「やっぱり」感。

そして弁護士事務所。「ホームオフィスが間違えた」と言うのは確かにその通りだけど、書類に目を通すこともせずにそれを受け取り、さらに確認をせずに私にそれを送ってきた。何十枚もある書類の一番上に載せて。実は、封筒の宛名も私の名前を書き間違えていた。これに関しては郵便やさんが置いていったメモの宛名が確実に違っていたので、予想はついていたけど…それにしてもこの適当さには呆れた。さらに、私がこの手紙に関して電話をしたとき、私の担当弁護士、私の名前を覚えていなかった。・・・1000ポンドも払って、この対応って一体なんなんだろう。そしてその弁護士、日本人なのだ。

もし弁護士がイギリス人なら、たぶんここまで怒ることも無い。それは、イギリス人には期待していないから。でも日本人にはやはり期待してしまう。それは私の勝手な日本人観であり期待以外の何物でもないのだけど、それでも彼女が日本人だからと言う理由で仕事を依頼する日本人だって多いはずだ。


申請前にパスポートと書類を送った時も、大事なものなので受け取りが完了した時に連絡をくれるようメモを入れたが連絡は無かった。書類が届いているであろう日から数日経ってから、留守電に確認をしたいので連絡をくれるようメッセージを残したが、やはり連絡なし。更に翌日メッセージを残し、やっと連絡が来た。それが申請日の2日前。「書類の不備などはありませんか?」との質問に対して、「今調べています」との返答だった。申請日2日前の夕方の電話。それ以降に「実はこの書類が足りません」なんていわれても、時間的に間に合わない。忙しいのは十分承知だけど、少しずつ少しずつ不信感が溜まってきていた。そしてこの人、人の話を聞かない。人の話を遮って話す。

それでも何とかビザを取得し一件落着だったはずが、手紙の間違いが発覚。私に被害があることではないが、それまでの対応で何となく感じていた不信感が、確信に変わった。


わかってるわよ、この不満は彼女が日本人で、私が日本人の几帳面さを期待したからに他ならないことは。日本と比べても仕方が無いし、ここは日本で無いのは十分にわかっているけど、それにしてもがっかりした。
スポンサーサイト
2009.11.28 / Top↑
今日(金曜日)、ソリシター(担当弁護士)がホームオフィス(移民局)に私のビザの申請に行く。遅くとも夜6時までには結果がわかるそう。心境はと言うと、実は昨日までのほうが落ち着かなかった。当日になり、本当に「自分で出来ることはもう何も無い」と言う状態にやっと納得できたのかもしれない。それでも不安には変わりないのだが、これまでの数週間よりもよっぽど気持ちが落ち着いている。


午後15時。
午前中は平気だったのに、夕方に近づくにつれ再び緊張が襲ってきた。会社の机に座っていても全く何も手につかない。休憩エリアで冷たくなった紅茶をすすりながら、別に興味も無い新聞を無意味にめくってみたりする。

そこに以前隣の席に座っていたガブリエルが登場。近頃あまり話す機会が無かったのだが、久しぶりに話をする。30分近く座って話を聞いてもらい、再びリラックス。ありがとう、ガブリエル。

午後4時45分
元同僚のマガリーとチャットで話していたところ、「まだ結果の電話が来ないのなら、営業時間が終わる前に電話して聞いてみたほうがいい」と言われ電話。ほんの数分前にソリシターの元に吉報が届いたところでした。

おゆり、イギリスの永住権ゲットです!
2009.11.21 / Top↑
会社で火災の避難訓練があった。年に2回ほど行われる。サイレンが鳴ると、みな屋外に避難…というか移動。「押さない、走らない、しゃべらない!」と厳しく言われながら行った日本の学校での避難訓練とは全然違う。片手に紅茶を持って避難する人もちらほら。まぁ訓練なのでいいのだけど。

屋外に一時避難しているとき、たまたま近くにいた同僚ショーンに、「日本では地震の避難訓練もあるんだよ」と話した。すると、「神戸で起った大きな地震のことは覚えてるよ」と彼は言った。ショーンはイギリス人のだが、テレビで報道された阪神大震災を今もはっきりと覚えていると。もう15年も前だよと伝えると、「そんなに経つのか。あの頃はお互い学生だったよね」と笑っていた。

あれは確か、今年の1月下旬か2月頃だったと思う。週末に夜更かしをしていて、特に見たくもないのにテレビのチャンネルをザッピングしていたら、何となく見覚えのある映像が目に入った。1995年にBBCで放送された阪神大震災を伝えるニュースだった。日本在住の特派員が現地から一報を知らせていた。背後では火の気が上がり、救助・消化活動が行われていた。どうして今年になってその映像が、夜中に流れていたのかの理由は定かではないが、日本のNHKなどが夜中に「アーカイブ」として流している昔の番組やニュース映像と同じようなものなのかもしれない。

ショーンと話をしていて、ふとそのニュース映像を思い出した。
2009.11.21 / Top↑
①英語クラスが始まる前、クラスメイトでスリランカ出身のヨギーにずっと疑問に思っていたことを聞いてみた。ヒンドゥー教の彼女はいつも、眉間に顔料のようなもので赤い丸印をつけている。どこかでこれは結婚した女性がつけるものと聞いた事があるけど、この顔料はこの丸印専用のものが売っているのか、それとも材料を購入し自分で作るのか。

ヨギーとバングラデシュ出身のジーマの説明によると、この額につける丸印は2種類あり、赤は結婚している人、黒は独身の人がつけるらしい。黒の丸印があるなんて、知らなかった!そして、その顔料は額のみならず、髪の毛の生え際(眉間の延長線上)と喉元と合計3箇所につけるものらしい。ヨギーは眉間にしかつけていなかったけど、本来はその3箇所につけるとのこと。へぇぇぇぇ。

赤の顔料は、マニキュアみたいなタイプのものや、粉に水を入れて溶いて使うものとあり、基本的には購入するらしい。しかし黒い独身用の顔料は花を焼いて、それを粉にして手作りできるとの事。どの種類の花を使うのかは聞くのを忘れてしまった。

またヨギーの額には、丸印とは別のうっすらと薄い白い顔料が塗ってある。これは火曜日と金曜日、肉を口にしない日に額に塗るものだとのこと。こちらも知らなかった。


②授業の合間の10分の休憩時間に、ポーランド出身のルークと話していたら、「僕の妻が・・・」と口にした。ええ?ルーク、結婚してるの???20代後半くらいに見えるルークはもちろん結婚していても驚く年齢ではないのだけど、左手の薬指に指輪をしていない。私はずっと彼は独身だと思っていた。

彼は右手薬指につけた指輪を見せて、「ポーランドでは結婚指輪は右手にするんだよ」と教えてくれた。へえぇぇええ。そうだったのか。知らなかった。スペインでは結婚指輪を右手にすると知っていたけど(サッカーのスペイン代表のラウールが、ゴールを決めると右手の指輪にキスしていたから)、ポーランドも右手に指輪をはめると言うのは全然知らなかった。


身近にいる人たちのこと、知らないことっていっぱいあるんだなぁ・・・と妙に感心した出来事でした。

2009.11.18 / Top↑
Life in the UKテストの勉強から始まった、イギリスの永住権取得の道。このテストは11月4日に何とかパスし(きっとギリギリだったと思います)、それからホームオフィス(移民局)の予約取り。

永住権の申請方法は2通りある。
①ホームオフィスに必要書類とパスポートを郵送する方法
②直接ホームオフィスにし必要書類を持参する方法

郵送だと直接訪問よりも200ポンドほど申請料がやすいが、認可されるまで1ヶ月~6ヶ月待たなければいけない。さらに、郵送するには当然ロイヤルメール(イギリスの郵便機関)を使わなければならないのだが、このロイヤルメールが曲者で日本では考えられないほどの郵送物の紛失率を誇る。

実は年末に2週間日本に帰国する予定を立てており、チケットも手配済み。このチケットがキャンセル・変更の効かないものであることがわかった。また、日本滞在中に乳がんの定期健診も受けるつもりでいるので、なんとしてでもこのチケットを無駄にせずに帰国したい。


Life in the UKのテストを受ける前に、ニックに頼みホームオフィスに予約の電話を入れてもらったのだが、予約をするにはこのテストに合格し、合格者番号を知らせないといけないと言うことがわかった。

11月4日の試験の合格を受け、すぐにニックに合格者番号を知らせ、ホームオフィスに電話を掛け捲ってもらうこと4日間・・・全く持って予約が取れない。ホームオフィスの予約をとるのが難しいと言うことは承知していたが、これほどとは。

ホームオフィスに一縷の望みを持って電話をかけ続けることもできるが、私の現在持っている配偶者ビザは今月中に期限を迎える。それまでに予約が取れればいいが、その保証は無い。でも何とか方法を見つけなければ。可能性を探るために、ニックにCAB(Citizen Advice Bureau)という公的な手続きなどのアドバイスをもらえる機関に行ってもらった。このCABも基本的には予約が必要なようだが、そんな時間は私たちには無く、直接伺うことに。また、ソリシター(Solicitor)とイギリスでは呼ばれる事務専門の弁護士にも相談。そこから得られたのは、「日本人のビザ専門ソリシターがいるのなら、そこに相談すべき」とのこと。

ミクシーの書き込みで、ホームオフィスは一般の予約時間とは別に弁護士用の時間を設けているので、弁護士を通せば予約が取れる可能性があるというのを読んだことがある。
9月にロンドンに行ったときに手にした日本語のフリーペーパーに、ビザ手配のエージェントや弁護士の広告が載っていたのを思い出した。すぐにインターネットで検索をし、いくつかのエージェントを比べてみた。「1時間の相談料、80ポンド」・・・ここでおののいてはいけない。まずは電話でいくらかかるのか、それ以前に私のビザが切れる前にホームオフィスにいけるかどうかを確認せねば。

そして電話をしてみた。するとその事務所は20日にホームオフィスの予約があるので、希望すればこの日にホームオフィスへの申請ができるとのこと。お値段1,120ポンド!(150円計算で168,000円)

すぐにニックと相談。この時点で私たちに残された選択肢はまた2つ。
①ホームオフィス予約の電話をかけ続ける。仮に予約が取れなかった場合は、郵送で手続きを行う。日本行きは無理。
②ソリシターを雇い、20日の申請。ビザ申請が認可されることにかける。お金はかかるが日本行きの可能性はある。

相談の結果、②を選択。とにかくビザのこと以外にもストレスが多かった数週間。郵送で申請を行うことになったら、最長6ヶ月はパスポートなしの状態で、いつ返ってくるともわからないその結果を待たなければならない。乳がん検診も一刻も早く受けたいし、これ以上ストレスを抱えるのも避けたい。鬱をわずらったことがあるので、なおさらだ。

再びソリシターに電話をし、担当してもらえるようお願い。先週のうちにお金を払い、必要な書類とパスポートを送った。

ほかに私たちにできることは何もなし。後は結果を待つしかない。
2009.11.16 / Top↑
コメントをいただいてありがとうございます・・・・が、承認と削除のボタンを間違えて押してしまい、Kemmiさんが書いてくださったコメントを消してしまいました。
本当に申し訳ありません。

しかも、承認を押してから確認しようと、コメント自体も始めの2行くらいしか読んでいません。

長いコメントを残してくださったのに!

本当に申し訳ありません。
これに懲りず、これからもよろしくお願いいたします。


おゆり
2009.11.14 / Top↑
イギリス人のリンゼイさんが日本で殺された事件。私はYahoo!Japanで犯人逮捕を知りました。数時間後には、イギリスのYahoo!UK&Irelandや各新聞社のサイトにも、写真入で大きく報道されていました。

犯人が捕まる前にリンゼイさんのご両親が来日した際には、テレビのニュースでも報道されていました。犯人の整形後の顔写真が日本で公開された翌日には、デイリー・テレグラフ紙では大きくはありませんでしたが整形前・整形後の写真を両方掲載した記事がありました。

とにかく、つかまってよかった。犯人の目撃情報も多数寄せられていたようですし、今回の逮捕もフェリーの切符売り場の担当者が110番通報したそうですね。日本の国民の皆さんの協力なしに、この逮捕はありえなかったでしょう。そして警察もよく頑張った。

リンゼイさんのご家族、何度も日本に足を運ばれていましたよね。娘の命が奪われた国。毎度どんなに辛い気持ちで日本に降り立ったことでしょう。ただでさえ心身ともに辛い状況だと言うのに、それでもその犯人を絶対に捕まえたいと言う信念で呼びかけを続けていました。

「正義がもたらされた」

私はもたらされたのではなく、ご遺族が努力の末に勝ち取ったものだと思います。明日の新聞にはこの事件が大きく掲載されるかもしれません。
2009.11.11 / Top↑
先週水曜日、「Life in the UK test」なるものを受けてきました。これは、イギリスの市民権(イギリスのパスポートを取得し、イギリス人として認可されるもの)もしくは永住権(外国人としてイギリスに住む権利が与えられるもの)を申請する人には全員に課せられている試験。これに合格しないと、この申請ができないのです。私は日本国籍を保持したいので、迷わず「永住権」のビザを申請します。

この「Life in the UK Test」は、そもそもは市民権を申請する人のみが必要だったテストなのですが、2007年から(2006年?)永住権を申請するものにも課せられるようになりました。


試験の内容はと言うと、イギリスで生活するに当たっての必要な、または基本的な内容ですが、だからといって生粋のイギリス人たちがこれらに正解できるかと言えば、そうではありません。教育システム、政治、税金、法律、人種の構成・・・など、知っていて損になることはありませんが、私たち日本人全員がたとえば日本に住んでいる外国人の割合の具体的な数字を答えられる人がほとんどいないように、難しくは無いけれども勉強していなければ答えられない質問ばかり。それに、私に関して言えば、政治のシステムについて説明された項目は、知らない単語がたくさん。内容は難しくは無いけれども、本を読み学ぶのも私にとっては簡単とはいえません。

教科書は1年以上前から手元にあったし、カレッジの担当の先生から問題集は10月初めから借りていたのに、結局手にしたのは試験の1週間前。この癖は学生時代から。もっと余裕を持って勉強すればいいものを・・・。

試験はブリストル市内の試験場で毎日行われているので、好きな時間を選べると思っていたら、どうも受験者が多いようで全く選べず。10月中に試験を受けたかったのに、提示されたの日は11月4日。現在保有している配偶者ビザ(2年間有効)がもうすぐ切れるので、なんとしてでも受からなければならないこのテスト。試験日までの一週間は学生に戻ったように必死に勉強しました。しかし、ビザ取得の大変さと言うのは、受ける本人にしかわからないもの。そういうときに限って外野から別件の注文をつけられたり、邪魔が入ったり。それでもそれらに振り回されている時間も私には無く、とにかく勉強に集中。


水曜日はお昼12時から試験だったので、この日は会社には行かず家から仕事をさせてもらえるよう上司に頼み、午前中に仕事・・・いや、本当は試験のため復習、そして昼前に家を出て会場へ向かいました。

会場はブリストルの街の中心に程近いEaston(イーストン)というところ。ほとんど言ったことの無い地域でしたが、すぐに会場を見つけました。「これが試験会場?」と疑いたくなるような風貌の、道路沿いの店舗の中に全く違和感無く溶け込んでいました。

同じ時間帯に試験を受けに来ていたのは、中国人、カリブ系、ムスリム系、後は東欧系の人々。満員。試験はパソコンで行われ、問題に答えていきます。大抵は4択、2択の問題。確実にその中に答えがあるわけですが、知っていなければ答えられないものばかり。簡単ではありませんでした。試験時間は45分ですが、実際は10~15分くらいで終了。ほかの受験者も同じで、問題をすべて解いた人は、その部屋から出られます。試験官がそれぞれの問題正解率をチェックし、待つこと15分くらいですぐに結果報告。さすがにこの瞬間は誰もがドキドキを隠せない様子。いくつになっても試験のドキドキは慣れません。

そしてめでたく合格!得点は知らされず、合格したか否かだけが報告されます。


さて、試験に合格した次は、ビザの申請です。自分が今の場所に住んでいて、政府から援助を必要とすることなく生活を営めることを証明しなければなりません。さらに、通常のビザの申請は郵送で行われるのですが、これだとパスポートが帰ってくるまでに3~4ヶ月を要することも。酷いともっと長いらしい。実は年末に日本帰国を考えているので、今申請をして3ヶ月もパスポートが帰ってこないと帰国ができないのです。もう一つの方法として、移民局であるホームオフィスに直接出向き申請を行うことができますが、この場合は申請料が郵送よりも200ポンドも高く(約30,000円も高い…1ポンド=150円計算)、事前にホームオフィスへの予約が必要なのです。それでも3ヶ月も待つこともできないので、ホームオフィスに行くことを考えていますが、予約が全く取れません・・・。

もう、どうしたらいいのか。何処までもイギリスです。来週中には予約が取れると言いのですが、仮に取れなければ、日本行きも無理。しかもチケットをすでに手配してあり、これがキャンセル・変更の聞かないタイプ。みすみすお金を無駄にする可能性もあり、本当にストレスです。
2009.11.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。