ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
これまで話をしたことの無かった同僚に突然話しかけられ、それをきっかけに今の会社に働き始めてからこれまでのことが一気に思い出された。

英語に問題はあるものの、今の職場を「自分の職場である」と言うしっかりとした意識を持ち始めたのはいつごろだっただろう。職場に慣れるまでは、自分がどこかよそ者であるような感覚が常にあった。自分がそこに属しているという感覚が乏しかった。では、私がそこに属していると言う意識を持ち始めたのはなぜか。時間が経ってその環境に慣れたというのはもちろんだが、一番大きいのはたとえば休憩時間に言葉を交わす人が増えたことだ。1年もいればお互いに顔見知りにはなる。しかし、顔見知りだからといって皆が皆言葉を交わすわけではない。前にも書いたが、基本的に私の職場の人たちはおとなしいし、親しくなければ挨拶もしない人も多い。普段仕事以外に言葉を交わす人がほんの2・3人という状態が半年以上続いた。その後、少しずつ少しずつ、挨拶が言葉を交わすようになり、さらに会話をするようになる人が増えていった。すると、その人を通じて別の人とも話をするようになった。1年以上かかって話しかけてきたマイクも、シャクさんがいたからこそだ。これは私の勝手な思い込みかもしれないが、マイクのみならず交流に時間のかかるタイプの人たちが、挨拶をし、私の名前を呼び、会話をするようになるというのは、私の存在を認めてくれたと言うことのように思えた。同じ職場の一人として認めてもらえて、それが私の中の仲間意識や職場意識、帰属意識を形成していったように思う。また、それ同時に職場で感じていたストレスも軽減していった。

職場で感じるストレスは、もちろん仕事の内容が難しいと言うこともあったが、それ以上に人間関係によるものが多かった。それは人間関係が悪いとかそういうことではなく、日本とは違う人との距離感、関係の作り方に戸惑い、イギリスでの「正解」がわからず、すべてにおいて手探りの状態だった。自分の発言やとった行動が失礼にあったたらどうしようとか、歳が20も上のマネージャーを名前で呼び捨てにすることへの躊躇(だってあたくし、日本人ですもの)、返事を返してくれるかどうかわからない相手に挨拶はすべきかとか…もうそれはそれは些細なことからいろいろと、常に何をしていても心配事がついて回っていて、本当に「ほっ」とできることが一瞬たりとも無かった。

不思議なのは、そういうストレスが常にあったにもかかわらず、私にとっては日本で仕事をするよりもイギリスのこの環境(今の職場)の方がどこか楽だと感じている部分もあり、だからこそ仕事を続けてこられたのだと思う。日本にいたときは、残業は当たり前、休日出勤も当たり前。24時間仕事のことが頭から離れることが無かった。しかし今の職場では残業が全く無いし、土日の休みもしっかり取れるし、有給も好きなときに取れる。休みの日は、自分のプライベートを仕事と完全に切り離せるという安心感がある。金曜まで仕事を頑張れば、土日は完全に仕事を忘れていい時間がある。この安心感は大きかった。


マイクに離しかけられたとき、驚いたのはもちろんだが、それと同時にどこか「報われた」と感じた部分があったのは確かだ。彼のことを苦手だとかマイナスのイメージを持ったことは一度も無いが、こうやって話をする日が来るとは思わなかった。彼は私をどう位置づけてみているのかはわからなかったが、私は同僚として彼と会えば挨拶をした。挨拶をすれば返してくれたが、「内心どう思っているのだろう」と言う気持ちは常にあった。未だにそういう気持ちを持ちながら挨拶をする同僚も何人かいる。でも、いつ何がきっかけでその関係がよい方向に向き始めるかわからない。マイクはそれを教えてくれたような気がする。
スポンサーサイト
2010.01.30 / Top↑
先日、職場のキッチンエリアで休憩を取っていたら、同僚のマークが話しかけてきた。約8ヶ月間同じオフィスで仕事をし、現在は同じ階の別の部屋にいるマイク。私にとっては彼から話しかけてくると言うのは、ものすごく衝撃だった。
だって、私が今の会社で働き始めて1年4ヶ月になるが、彼から話しかけてきたのはこれは初めてだったのだから!

もちろんお互い顔も知っているし、同じフロアにいるのだからたまに顔を合わせる事だってある。しかし、話はおろか彼から挨拶をされたことだってこれまで一度も無かった。それが、彼から話しかけられ、「週末はどうだった?」と世間話まで繰り出した。驚かないわけが無い。

私はものすごい衝撃を受けながらも、それを彼に悟られないように、できるだけ普通に会話をした。それでも突然のことで、脳みそはパニックで、文法はぐちゃぐちゃだった。

1年4ヶ月、私から挨拶をしなければ言葉を交わすことも無かったマイクが突然話しかけてきたことには、もちろんきっかけがある。去年の12月、職場で仲良くしてくれているシャクさん(ちきん・ぽっくすの方)と昼食をとっている時、たまたまマイクが同じテーブルに座っていた。シャクさんとマイクは以前から言葉を交わす間柄のようで、私はこのとき初めてマイクと会話らしい会話をした。でもそれは、シャクさんがいたからであって、もし私一人で食事をしていたら、同じテーブルに座ると言うことすらなかったと断言できる。たぶんこのとき初めて、お互いに軽い会話をし、マイクの中で抱いていた私のイメージが少し変わったんじゃないかと思う。この出来事が無ければ、きっと今も会話なんてしないままだったと思う。

さすがに1年4ヶ月は極端なのだけど、こういう例は実はこれまでにも何度もあった。たとえば、同じ職場で私の目の前に座っていた別の同僚は、彼から私に挨拶をしてくれるまでに5ヶ月かかった。同じ時間に昼食をとるためキッチンエリアでよく顔を合わせる別のイギリス人も、彼から挨拶をしてくれるまでに2ヶ月かかった。未だに、私から挨拶をすれば返してくれるけど、自分からは挨拶をしてこないというイギリス人は職場にたくさんいる。無視されることもよくある。

理由はいろいろ考えられる。

①イギリス人。
 もちろん、人による。でもイギリス人って、基本的には誰にでもフレンドリーと言うわけではなく、友達になるのに時間がかかるタイプが多い。

②コンピューター・エンジニアであること。
 こちらも同様。エンジニアでも、とてもフレンドリーで初対面から話せる人だっている。しかし、私の職場では、人見知りでおとなしい人が多い。

③私の英語
 未だに私の英語は酷いが、入社当時はさらに酷かった。仮に私に話しかけても、会話が成立するかどうか相手が不安に思っていたという可能性は大。

④私がエンジニアではないと言う事実。
 エリート集団が集まる今の職場に、英語すら危うい、全くコンピュータの知識の無い日本人が一人やってきた。正直「なぜ、お前がここにいる?」という空気を発している人たちが結構いた。そして未だにそういう人はいる。


仕事を始めたばかりのころ、特に④は相当堪えた。彼らがそういうふうに感じるのは意地悪だとは思うけど、ある意味自然なことで、でも一夜にして彼らと肩を並べられるエンジニアになれるわけも無く、考え方、意識の違いでもあるので私がどうこうできることでもなく、本当に辛かった。でももし私がその当時でもしっかりと英語の受け答えができたら、この状況を打開できるのではないか、と③について1年以上頭を悩ませてきた。だからこそ、今更ながら英語クラスにかようことにしたのだけど。でも今になって思うと、仮に私の英語に問題が無かったとしても、④の問題は完全に解消することはできなかったと思う。

それでも人は、環境に慣れてくる。それはお互い様で、私も外国人だらけの環境に慣れてきて、自分のペースで仕事をしたり生活したりできるようになるし、相手も「英語もITもわからない日本人」の存在に慣れてくる。でも慣れたからといってその距離がすぐ縮まるわけではない。


つづきは後ほど
2010.01.29 / Top↑
家には大きな暖炉があり、寒い時期の間は24時間できるだけ火を絶やさないように面倒を見なければならない。1時間に一度は十分に薪が暖炉に入っているかをチェックし、足りなくなれば外に積んであるものを取りに行かなければならない。電気やガスヒーターの乾いた熱風がものすごく苦手なのだが、暖炉の火はやわらかく心地がよいので、面倒でもさほど気にならない。

日曜日の午前中。義父デイブは出かけていて、家には私とディーバのみ。
午後に出かける予定だったので、その前に暖炉の火をチェックし、外出している間に火が絶えないように石炭や薪をくべた。そして、当然のことながら、暖炉には灰皿がある。もちろんタバコ用ではなく、石炭や薪の灰を受けるものだ。見てみるとこの灰皿がいっぱいになっていた。これがいっぱいだと、暖炉内の空気の循環が悪くなり、薪がうまく燃えなくなる。

この灰皿と言うのがとてつもなく重い。家の暖炉自体かなり巨大なもので、家にやってくる人皆驚くほど。その灰皿なのだから大きくて当然。灰皿のみでも十分重いのだが、この日は灰がいっぱい。この灰は屋外の所定の場所に捨てるのだが、その距離は暖炉から40メートルほどだろうか。通常、この40メートルの距離を、私は灰皿を持って一気に移動することができない。重すぎて、途中で休憩を入れなければならないほどなのだ。なので、家に誰かがいるときは頼んでやってもらうが、この日は私とディーバのみ。やるしかない。

これまでに何度かはこの処理をやったことがあり、イギリスに来たばかりのときよりもだいぶコツをつかめてきていた。重いことには変わらないが、休憩を一度挟んで40メートルを灰皿を持って移動し、灰を捨て、再び暖炉に設置。


午後、知り合いの美容師さんに髪を切ってもらい、夕方6時半ごろに家に戻った。その時から、なんとなく肩や首辺りに違和感を感じていた。寝違えたような感じの痛み。でもその日の朝起きたときは、そんな痛みは無かった。どこかでひねったのか。髪を切ってもらっている時、硬いいすに座っていたので、変に力が入っただけなのか…。

痛みは時間を追うごとに少しずつ強くなっていった。翌日の出勤時の車の運転が本当に大変だった。寝違えた時のように、首が回らないのだ。この痛み、もしかしたら暖炉の灰皿を処理した時のものかも。きっと普段以上に重たかったので、肩や首の筋などに変に力が入ってしまったんだと思う。

さらに火曜日。まだまだ痛みは引かない。

そして今日、水曜日。痛みがさらに酷くなり、頭痛を伴いようになった。とてもではないけれど出社できそうに無いので、お休みをもらった。

ニックや家族たちは、「暖めたほうがいい」というが、ネットで寝違えた時の対処法を見てみたら、「暖めずに冷やした方がいい」と書いてあった。どちらが有効なのかわからない。でも暖めると、痛みが増すような感覚を覚える。

とりあえず、今夜カイロプラクティックの予約をした。こういうことはプロに任せたほうがよさそうだ。出費は痛いなぁ、と思うけどどうしようもない。今週末からヨガを再開しようと思っていたけど、しばらくは無理そう。早くよくなりますように。
2010.01.28 / Top↑
4日の夜、翌日の本年初出勤のために会社にいつももって行っているかばんをチェックしていたら…出てきました。

ねずみが。

もちろん、死骸です。ねずみが好き好んで自ら入ったわけではないのはわかっております。そしてそのねずみ、どうも結構新鮮なような…。

前日に久しぶりに家に帰ってきたあたくしのために、きっとディーバさんが取ってきてくれたんだと思います。ウェルカムバック・ギフトです。これまでも10日に1回は獲物を仕留めてきていたディーバさん。あたくしもねずみなんて減っちゃらだったのです。実はよく見るとかわいいし。これまでモグラに始まり、自分の体の半分のサイズはあろうかという子ウサギを捕まえてきた事だってありました。

通常は私の目のつくところに持ってきます。しかもたいていカーペットの上など、直接床には置かないのです。なぜかはわからないけど。たとえば会社から帰ってきて、彼女の獲物に気づかずにトイレに行ったりすると、トイレのドアの目の前にわざわざ持って来て置いておいてくれたりもします。

でも、かばんに獲物を隠したのは初めて。

見事なサプライズ!全く予想をしていなかったことだったので、さすがにあたくし悲鳴を上げました。びっくりしすぎて。でも、これはディーバ様からの愛情表現。怒るわけには参りません。丁重にお礼を申し上げました。

それからは、かばんは床に置かないよう、またかばんの口が開いた上体でディーバ様の手の届くところに置かないように気をつけております。
2010.01.08 / Top↑
3日に日本からイギリスに戻り、今日5日が今年の初出勤となった。

見事な寒波が来ているイギリスは、南西部に位置するここブリストルでも夜は-5度以下になる。朝は車が見事に凍り付いている。少し早めに起き、出社。霜がおり、一日中解けずにそのままの状態で木々は白くなっている。道行く車も心なしかゆっくり目に運転している。道路のところどころで水が凍り付いていて危険なのだ。

久しぶりに同僚たちと顔を合わせ、口々に挨拶を交わし仕事開始…が、2時間後の11時頃、「雪が降ってきた」という同僚の一言で職場内はどこと無く落ち着かない雰囲気に。雪は見る見るうちに視界を白くしていった。1時間後には見事に真っ白。早々に退社する人たちもちらほら。私も雪道の運転なんてほとんどしたことが無い。自分の安全も考えて、雪が酷くなり交通事情が悪化する前に帰宅することにした。

絶え間なく降ってくる雪。その中を車で走ると言うこと自体、私の人生の中ではほとんど経験が無い。しかも自分で運転となると緊張もひとしお。通常45分ほどの道のりを、約1時間かけて帰宅。

夜はしっかり眠れるもののまだ時差ぼけが抜け切れていない身には、早めに帰宅できたのはむしろ幸いだったような気がする。家で仕事の続きを始めたが、夕方4時ごろには眠くなってきた。

今夜は雪が降り続くようで、イギリスの南部には警報が出ている。明日も自宅勤務になりそうだ。職場までの往復運転をしなくて済むだけでもありがたい。
2010.01.06 / Top↑
明けましておめでとうございます。

2週間の日本滞在を終え、イギリス時間で3日の夜にブリストルの自宅に戻りました。日本も寒波がきており寒かったのですが、イギリスの寒さはレベルが違うと言うことを痛感しております。昼間2時にマイナス3度って…今夜は何度まで下がるのか。

日本滞在記はまた後ほど。

本年もよろしくお願いいたします。

おゆり
2010.01.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。