ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
年の瀬が押し迫って来ましたね。

クリスマスを目前に控え、クリスマスショッピングも例年になく早めに終わり、ふと今年を振り返ってみようと思った次第です。私の日常は、大抵ドタバタしているものなのですが、今年のドタバタ具合は例年の比ではなかったと断言できるほど、いろんな意味で良くも悪くも(悪いほうが多いけど)濃く、激しく、非常にサバイバルで、それと同時に学び多い一年だったのではと思っています。

何かと落ち着かない毎日だった2011年で、たくさんの書き残したこと、欠いたけどまだ消化できていないこと、覚え書き、とランダムに書いていこうと思います。わたくし、文章にすると落ち着くタイプなので、自分浄化用です。

今後出てくるかわかりませんが、一応今回は「その①」です。

-------------------------------------------------------------------

前にも募金活動について書いた記事の中で触れたかもしれませんが、まだ私が日本に住んでいた若い学生だった時、毎年のように台風や洪水の被害に合うフィリピンやタイのニュースを見て、「どうして毎年災害が来るような場所に住んでいるんだろう。もっと他の場所に引っ越せばいいのに」と思ったことがあります。もちろんそんなこと口にしたことはありません。でもそれと同時に、「いや、この自分の考え方、なにかおかしい気がする」という意識もあり、「どうして人は危険だとわかっている場所に住み続けるのか」という難題に答えを見つけられないままでいたような気がします。

危険だから引っ越せば済む・・・そんな簡単な話じゃない。そういう意識はあったのですが、具体的な説明を付けられるまでには至っていなかったんです。そしてこういう感情を持っていた時、正直なところニュースに映し出されるこれらの人々を、どこかで見下していた所があるのも、恥ずかしながら事実です。だって、もし自分の実家のある地域、生まれ育った場所が「危険だから引っ越せ」と赤の他人に言われたって、そうそう引っ越せるものではないでしょう?これは私の個人的な意見で、必ずしも全てに当てはまるということはないかもしれないけど、「引っ越せばいいのに」なんて相手を見下していなければ口にできない言葉だと思います。全くもって他人事で、そしてなんて人間性に欠いた言葉なんだろうと、今は思います。


あるフランス人の同僚に、「被災地は復興すべきでない。今回地震が起こり津波が襲ったということは、今後同じ被害が起こる可能性があるから」とあたかも正論を述べているかのように言われ、怒りに言葉を失ったこと(その後激しく口論・・・あぁ、当然)。


別の同僚(イギリス人)は、私の募金活動を見て「自分の国だから感情的になってるんでしょ?そんなに募金が集まるわけがない」と小馬鹿にしながら私の知り合いにつぶやいていたらしい。ちなみに彼は仕事で日本滞在経験がある。


あるイギリス人女性に「なんであんな危険な場所からさっさと引っ越さないのかしら」と、ばかじゃないの?という感情見え見えの自信に満ちた表情で言われたこと。


実はヨーロッパの人たちって、こういう思想の人少なくないです。私のみならず、同じようなことをイギリス人やヨーロッパ人から言われた日本人の友人を何人か知っています。そして、それを言われた日本人の私たちは、彼らとの環境の違い、意識の違い、感覚の違いがあることを理解し、そしてそういう思想を持つ人にはきっと日本人の感覚はわからないだろうということも理解しています。

例えば、ヨーロッパの人にとって「引越し」って、日本人と比べるとすごく「簡単」なんです。もちろん全員ではなく、一般論ですけど。例えばイギリスから海外に引っ越す人の数は年3万人以上。人気の引越し先は、スペイン、南フランス、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ等。他にも東南アジアに引っ越す人も多い。理由は「暖かいから」。もしくは「物価が安いから」。仕事の都合という人も中にはいるけど、基本的には「その国で生活したいから」引っ越す。土地とか国、国境という感覚が、日本人とはそもそも違う。


でもね、その違いを理解していても、私は今も思い出すたびに怒りに震えます。


この発言をしたイギリス人女性は初対面で、知り合いでも何でもなかったのですが、ある取引先の人だったのでそこでもめるわけにはいかず。それにこういう人は何を言っても通じない。そもそも日本全国で地震が起きる可能性があり、そういう意味では安全な場所なんて日本にはないということも彼女は知りません。それでも黙っているわけにはいかず、


「私たちは日本で生まれ、日本で生まれ育ったからこそ、日本の文化を継承し日本人としてのアイデンティティを持っているんです。もし、日本人が危険だからという理由で国を捨てたら、自分たちの母国を失うことになるし、日本人というアイデンティティも失うことになる。ただ引っ越せばいいとか、そういう簡単なものじゃないんです」


と無理やり笑顔を作り、できるだけ穏やかに言ってみた。彼女はまったくもってわかっていない顔をしていたけど。


ここまで書いてふと気づいたのは、こういうことを平気でいう人って、それなりにお金もあって教養もある人(ズレてるけど)が多いような。少なくとも私や友人ににこういう発言をした人って、外国が身近な人ばかり。お金はあるから旅行でいろんな国に出かけていく。もしくは海外間の引越しや移住を経験している。(上記3人は全員これに当てはまる) 日本人の感覚、少なくとも私は、自分が訪ねたことのある国や場所には親近感を持つものだけど、こういう人達は多分違う。


これらがいいとか悪いとかではなく、根本的に違うのだ。言葉を重ねても分かり合えない違いが、外国にはある。


もちろんこういう人達ばかりではない。
これらの発言に対し、別のイギリス人達は呆れて言葉を失っていたし、「危険な場所=100年に一度の大災害、安全な場所(イギリス)=いつ暴動が起こるかわからない(←イギリス流の冗談です)。 (彼らの意見は)短絡的すぎて話にならない」という人も多数。


「たくさんの国に行ったことがある、旅行慣れしている=外国、多文化に理解がある」ではないという当たり前のことを、痛感した一年。



月並みな言葉だけど、今回の震災のことは、まだ過去の出来事にはできないし、してはいけないという思いが強い。ある意味、「風化」というのは当たり前の作用であるというのはわかっているし、今日本に住む人々が震災をどう受け止めているのかもよくわからないでいます。

愛知県出身で、イギリス在住の私がこんなことを言っても説得力の欠片もないし、自分でもどうしてここまで肩入れするのかという疑問がないわけではないのです。もし震災時に自分が日本に住んでいたら、もっと違った見方をしていたんじゃないかとも思います。もしかしたら、「祖国を思う望郷の念」(というと酷く大げさに聞こえるけど)に近い感情による所が大きいのではないかという気がしています。



なんだか尻切れトンボですが、今日はここまで。
スポンサーサイト
2011.12.23 / Top↑
2011年3月11日の震災から、もう9ヶ月。

実はこの震災直後に、ツイッター上で見つけたブログがありました。

被災地で医療スタッフとして派遣された看護師さんのブログ 『JKTS』


でもね、この時はブログの記事を全部読めなかったんですよ。あまりにつらすぎて。
イギリスにいて、実際に被災さえしていないのに「辛いから読めない」ということに、自分のことながら納得出来なかったりしますが。しかし、ただただインターネット上に流れてくる無機質な情報のみを拾っているだけでも十分心理的影響が大きかったので、プライベートな視点で書かれた文章を読んでしまったら、正直日常生活に支障をきたすのでは…という心配から、この時は読まないことにしたのです。でも落ち着いたら、しっかり読んでみようと決めていました。

そして、少しずつ(というかイギリスではほぼ0)報道されなくなってきた今だからこそ、まだ読んでいない人にはぜひ読んでほしいと思い、上記にリンクを貼っておきます。英訳されたものもあります。

英訳バージョンはこちら↓
A Japamese Medical Aid Worker's Diary


2011.12.23 / Top↑
gorodiva


最近、ディーバさんはペットを飼い始めたんです。そのペットが、どういうわけかあたくしのことを好きすぎて困っているんですよ。


・・・・ノミです。

もう既に軽く200カ所以上刺されてます。なんだか口調が自慢げのように聞こえるかもしれませんが、自慢じゃありません(当たり前)。ノミに200カ所も刺されるなんて!しかも私だけ!!!

一緒に生活している義父デイブはまったくもって刺されません。たまにシェフィールドから帰ってくる旦那のニックは、一緒のベッドで寝ても刺されません。私の足には新たな噛み痕が数カ所。

私の血?アジア人の血が欲しいのかしら?
というのも、日本に住んでいた時、ニックがやたらと蚊に刺されていたんです。O型は刺されやすいといいますが、実は私もニックも彼の血液型を知らないのでわからず。仮にO型だったとしても、「一晩でこれ、噛まれすぎでしょ!?」と突っ込まざるをえないくらいの箇所を刺されていたのです。だから、イギリスのノミも普段味わえない日本人の血に人気が集まるのかしら・・・とまたしょうもないことをかなり真剣に考えて止まらなくなったり。


いくら大事なディーバ様が飼っているペットとはいえ、やはりここはしっかり対処しなければなのです(キリッ!)。

そこでまずは、ディーバ様ように「ノミ取りコーム(櫛)」を購入しといてみると、んまーーーいるわいるわ。毛足の長いディーバ様のお体は、隠れたい放題。こんなにいたとは!さらには液体のスポットを。日本でもよく使われている『フロントライン』を使用。

・・・・・

効き目があまり高くない様子。
一方的に噛まれ続けるおゆり。

櫛でのブラッシング(櫛でブラッシングってなんか間違ってるような気もするけど、ま、気にするな!)を毎日続ける。フロントライン後は、ノミの数は確実に減ったような。でも一匹でもいてもらっては困るのよ。

次に登場したのは、ノミ・スプレー。
家具やカーペットに使用するもの。ノミって動物だけじゃなくて、布製品の中でも生活できるのね・・・。知らなかった。

そして使用してみると、ベッドカバーにたまにノミの死骸を発見するように。使用前はこんなことなかったので、効いているということか。ただ、最終的に死滅するようだけど、そこに至るまでの間にまだまだ噛み付いてくださるので、おゆりの足には今もかゆみが続いております。


というか、これまでディーバさんにノミの問題って無かったのよ。引越し前はそれこそ草原を走り回っていたのに比べ、引越し後はほとんど外に出ることがなくなったというのに。

デイブ曰く、「家が温かいからではないか?」とのこと。

これまで住んでいたファームハウスは、家の中でも行きが白くなるくらい寒かったのですが、今の家は温かいのです。だからノミも生存しやすいのでは、とのこと。

この理論があっているかどうかはわかりませんが、なんだか納得できそうな話ですわ。

でも液体の薬とスプレー以外に対処方法はあるのかしら?
どなたかご存知のかた、情報お待ちしております。
2011.12.13 / Top↑
猫は自分勝手。
猫は人ではなく、家に就く。
猫は・・・


と言いますよね。
わたくしもそんなイメージでした、ディーバさんが家にやって来るまでは。

でも、例えば自分が体調不良で仕事を休んで昼ごろまでベッドでゴロゴロしているとき、ディーバさんは常に一緒にベッドに居るのです。例え夜の間一緒に寝ていなくても、いつの間にかやって来て私が起き上がり部屋を移動するまでじっと一緒にいます。餌の催促なんて一切しません。ただそこにいるんです。

例えば風邪で3日くらい休んでも、毎日3日間一緒にいます。
でもこの時は、普段なかなか一緒の時間が取れないから、ここぞとばかりに一緒にいようとしているのかも、と思っておりました。でも、特に体の不調などないいつもの週末、昼間に家にいると常に一緒にいるかというと、決してそうではないのです。


それが今回は状況が違います。3日じゃなくて、もう3ヶ月目。
ディーバさん、私が体調が悪くてベッドに居る間は、それが例え夕方4時まで続いても一緒にいてくれます。
気分が少し良くなって階下に降りていこうとすると、初めて一緒に部屋を出ます。体調が思わしくなく、階下で軽く食事をとってベッドに戻ると、彼女も一緒に戻ってきます。

もちろん個々の性格にも寄るのでしょうが、猫って意外に忠誠なんだと感心させられます。
そして彼女の忠誠心や優しさに助けられているのが、紛れも無くわたくしなわけで。彼女の存在に、本当にどれだけ助けられているか。

動物の存在って、本当にありがたいもんです。

divaonpillow
2011.12.13 / Top↑
いろいろ考える所がありまして、「気分転換が必要だ」ということに気づきました。

いやまぁ、それにはずっと前から気づいていたのですが、いろいろ溜まり過ぎるといざリラックスしようと思ってもできないものなんですよね。常に考え事をしているような状態で、脳みそが休めない。

でもやはり、「強制的にでも気分転換の必要」という境地に達しつつあり、何かできることを…と考えた結果、まずはブログのテンプレートを変えてみました。

西川きよし師匠も常々おっしゃっているように、「小さなことからコツコツと!」の精神でございます。


実は、体調不良のため仕事を休んでいます。すでに3ヶ月目。
体調は、初めの2週間に比べると少し落ち着いていますが(この2週間は酷かった)、それでも回復までには至らず、今も休養を必要とする状態。

気分がなんとなく良い時もありますし、そういう時は「せっかく時間もあるし、これまで書けなかったブログでも書こうか」と思いながらも、「いやいや、私は病気で休んでいるのだから、ブログなんて書いちゃダメなのよ!」と無意味に(?)厳しくしてみたり。体調悪い時って、簡単な判断さえできなくなるんですよね。

そして、「休んでいることに罪悪感」を感じるという、ある意味どこまでも「日本人」なあたくしは、本日部長に「医者から休むよう診断書はあるけど、気分がイイ時はできるだけ家から仕事します!」とメールをしたら、

「何もするな」

と見事なまでの一刀両断な返信もいただきました。
なんだかちょっと凹んだのですが、いや、部長が正しい。全くもってその通り。まともに仕事ができないから休んでいるんだから、回復することに集中するのが今の私がするべきこと。

そんな当たり前のことすらよくわからなくなりますわ、体調悪い時は。
でもちょっとふん切れた気がします。気分がイイのなら、好きな事をやってしまおう、と。
だからといって何が出来るわけでもないのですが、とりあえず自分に「止めとけ」というのをやめようと思います。まずはそこから。

2011.12.13 / Top↑
引き続き休憩中ですが、時間がある間に少しだけ更新。


Xファクター。
案の定、一度書いたきりのこの記事。そして気づけば今日はファイナル。
この番組を見ている人しか興味ないでしょうし、この記事を読んだ所で「で?」という感想しかないかと思いますが、まぁ個人の覚書程度に書いておきます。


実はね、

飽きたんですよ。

一応毎週見ていたものの、オーディション時の面白みは本戦に入って激減。もともとオーディションの部分のほうが好きだったので仕方ないのですが、去年はその前に比べても本戦に面白みがなくなってしまったのよ。その理由は、驚きのないステージをする人ばかり残ってしまったこと(私にとっては)。

前回ビデオを載せたキティー(ビョークを歌った人)が去った当たりから、楽しみがなくなっちゃったんですよね。彼女は一番歌がうまいわけではなかったけど、誰よりもステージングに本気で、プレゼンテーションが抜群に良かった。

そしてお気に入りだったジャネットちゃんにいたっては、選曲が・・・彼女の面倒を見ているセレブが元デスティニーズ・チャイルドのケリー・ローランドなのだけど、ケリーの選曲はものすごくわかりやすいポップが多かったのです。例えばジャクソン5の『ABC』とかハンソンとか、もうこれでもか!?というくらいポップでキャッチーな曲。ものすごくアメリカ的な選曲。でも当のジャネットちゃんがどんなキャラクターかというと、ものすごくインディーな人。16歳(17?)なのにキャピキャピした所がまるで無く、好きなアーティストはかなりロック寄り。そして大御所ロックバンドもポップアイドルの曲も、彼女が歌うとたちまちインディー色になる(良い意味で)。大衆受けではないけど、彼女独自の曲になる所がものすごく好きだったのだけど、ジャクソン5やハンソンは「歌わされてる感」がものすごかった。見ていられないほど。

その彼女はベスト6あたりでこのコンペティションからさることになったのだけど、彼女を応援していた人やメディアの大多数は、「今さることになって(彼女にとって)よかった」というものがほとんど。もちろん私も。ジャネットちゃんって、もちろん成功はして欲しいけど、アルバムがイギリスでミリオンヒット!とかいうタイプではないと思うのよね。

Xファクターの出演者で後に成功している人たちって、「爆発的な人気」なのだけど(特に男性グループ。彼らは本当によく売れているし、歌えるし、よくやっていると思う)、ジャネットちゃんは一時的な爆発的人気のために「売れる曲」を歌わせられるのではなく、自分が納得できる好きな曲を歌っていって欲しいです。アリーナツアーや全米ツアーとかそういう成功は無理かもしれないけど、歌い手としてのキャリアは十分積めるのではと思います。いや、成功して欲しいし彼女のアルバム買いたいです。


と、熱弁をふるいましたが、昨日でベスト2が決まりました。元美容師のマーカスと女の子寄せ集め4人組のリトルミックス。

マーカスはファイナリストに決まった時から、性格の良さ(ほんとうに良いかどうかは知らないけど、少なくともよさそうな印象はある)や見事なリバプール訛り、歌唱力も参加者の中では高い方で安定した人気があったように思います。でも選曲によってよさが生かし切れないことがあり、その日や曲によってレベルのばらつきが目立ったような。でもいい時は抜群にいい。

マーカスのオーディション (画像の埋め込み不可だったので、リンクを)。


そして対抗馬は見事なまでのダークホースだったリトル・ミックス。
多分誰も彼女らがファイナルにのこるなんて予想してなかったんじゃないかと思う。もちろんアテクシも。はじめは「リズミックス」という箸にも引っかからないような名前で、しかもこの女の子4人組はそもそもはソロとしてオーディションに参加した人たち。オーディション後(3ヶ月前)に全くの他人とグループを編成することになったのだけど、彼女たちが回を追うごとにうまくなってきたのは驚異的だった。はじめは、女の子4人がカラオケでも歌ってるという程度だったのが、どんどんグループとしてのまとまりが生まれ、リトルミックスと言うグループとしての「色」が生まれ、歌唱力や見せ方も素人目にもわかるくらいに上達。Xファクター歴史上、ガールズグループがファイナルに残るというのも初のこと。正直、昨日のアクトではマーカスよりも彼女たちのほうが個人的には良かったと思うので、これはひょっとするかも。

リトルミックスの評価が変わったステージ


あーー、飽きたと言いながら、ここに来てリトルミックスのステージが楽しみになってきたアタクシ。今晩もテレビにかじりつきです。
2011.12.12 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。