ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日、年に一度のイギリスでの乳がん検診(マンモグラフィー)のため、病院に行って来ました。

そういえば、2010年10月にイギリスでの乳がん検診への道のりを「定期?乳がん検診。その①」を書いたまま、その後の第二弾を書かず終いだったので…厳密に言うと、3回ほど文章を完成させたのですが、サイトのエラーで消えてしまい再び書く気をなくしてそのままでした。ということで、いい機会でもあるので、今日はその続きを。

-------------------------------------------------
2010年10月にイギリスで乳がん検診を受けるまでの経緯、そして実施に受けた診察についてです。


やっとのことで、まずはマンモグラフィーの予約をとることに成功。ここまでに費やした時間、3年。
この間は、日本に帰る度に日本の病院で検査を受けていました。

でも日本の先生に勧められたのは、年1回のマンモグラフィーと、超音波診断。それぞれを半年置きに行うため、実際は半年に一度異なる検査を受けるというもの。


しかし、イギリスではこうは行きません。
なにせ、マンモグラフィの予約にさえ3年かかった国。「しこりがないから大丈夫」と触診でのたまう医者がゴロゴロしている国。GP(登録している町医者)の誤診で命を落とす若い女性が多いこの国。

「乳がん検診=マンモグラフィー」で完結という思考のこの国では、例え以前に乳がんを患っていたといっても、「でもイギリスでは年に1回のマンモグラフィーをすることが通常なの」…だからあなたの国とは違うのよ、ちったニュアンスを含む説明で終わってしまう。

もうここまで来たら、自分のからだは自分で守るしかないわけです。今回は引き下がらず、直接専門医に超音波検査をしてもらう事を強く要望。また、今回担当してくれたGPの女医さんは話がわかる人で、「確かにあなたの言っていることは正しいと思う。それに、あなたは私が今まで出会った乳がん患者の中で一番若いし、日本の医師が年2回の診察をすすめるのも納得。イギリスではまだ専門医と会っていないようだから、すぐに病院に確認させるわね」と言ってくれ、翌11月に専門医の診察を受けられることとなったわけです。



そして…この専門医がもう、何とも…。
もうね、ほんとうの意味で色々諦めましたよ。これはお金がかかっても、プライベートの病院で検査を受けるか、日本への帰国時に検査を受けるようにしないとどうにもならないな、と。

まず、この専門医にこれまでの乳がんの過程を説明。そして、超音波検査をしてもらうことに。


…1分で終了。


日本で乳がんの超音波検査をしてことがある人ならわかると思いますが、最低でも全行程で5分くらいはかかると思うのですよ。「絶対に何事も見逃さないわよっ!」というくらいの技師の意気込みが感じられるほど、丁寧にしっかりとチェックしてくれるわけです。日本で行なっていた時は毎回違う技師でしたが、それは誰も一緒。

ところがこの先生、世間話しつつ超音波検査開始。…先生?画面見てます???

世間話に夢中な先生、正直あまり画面を観ていないような。そして「はい、終了。問題ないよ、良かったね」。



先生、あなたの言葉、正直信用できません…。



そして再びデスクに着き、「他に質問はある?」ということで、やはり一番心配なのは再発だということを伝えると、笑顔で先生が、

「ああ、大丈夫。再発すればすぐにわかるから。」



と。


先生、動やったらすぐに分かるんですか?



「再発すれば、体重も減るし食欲なくなるからすぐわかるよ!」









・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・(怒)。




というか、食欲落ちて痩せるって、定期健診が全く予防や早期発見の意味を成していないやないか!

もうね、本当によくわかりました。
まず、初期発見という感覚が日本とはまったくもってずれているということが。


とにかくね、同じ言葉を話していても分かり合えない人がいるということも痛感。
同じ日本人同士でも、全然話が噛み合わない人っているじゃないですか?
イギリスだと、私が外国人ということもあるでしょうし、周りにも外国人が多い。ちなみにその先生はインド人。専門家だからとかそんなこと以前に、その国の常識だったり、人々のバックグラウンドに寄る常識の違いだったり、もちろん言葉の壁もあるでしょうけど、「言葉を尽くしても分かり合えない」ということがとにかく多いです。

そして先程も書きましたが、私は日本人であり、診察治療も日本で受けていたため、やはりイギリスの診察治療の基準には納得が行かないわけです。どうしても日本という比べる対象があり、診察・治療費を払わなければならないとしても、その内容は日本の方が遥かに優れているから。だったらお金を払ってでも、やっぱり自分の身は自分で守ならければいけない、ストレスだって自分で減らさなければならないわけです。

とにかく、ある意味いろいろ勉強させてもらいました。幸いからだに異常はなく元気です。



そしてもうひとつ。
翌2011年に診察してもらった先生はイギリス人だったのですが、この先生はこんな馬鹿げたこと言いませんでした。「もし何か心配なことがあればいつでも連絡してね」と。2010年までが酷かったので、この一言にどれだけ救われたか。

実際の所、結局は人なのですよ。同じ病院やGPで働いている、同じ専門分野の医師でも、人によっていうことも違えばやり方も考え方も全く違う。GPなら先生の指定ができても、大きな病院だとなかなかそうも行かない。日本ならどこかで嫌な経験をしたなら、もうその病院に行かずに別を探せば良いのですが、イギリスはそうも行かない。GPを通して予約をし、指定された病院に行かなくてはならない。


それでも、とにかく「無理」で通された3年を経て、少しずつ状況が開けてきたこと。その間にこの国のシステムややり方、話し方、交渉の仕方(大げさだけど)をこういう経験を通して知り、システムは変わらないながらもなんとか自分が必要としている事を伝える方法を学べたのは良かったのかも知れません。その間に大病をしなかったのは不幸中の幸い。



2010年以降は、わざわざGPに行かなくても、自動的に毎年マンモグラフィーの予約が行われることになり、今年も滞り無く終わりました。あ、ちなみにマンモグラフィーの結果は、日本ではその日のうちにわかりますが、イギリスは最低1週間ほどかかり、郵送で送られてきます。

もし、専門医との面談が必要であれば、これに関してはGPを通して予約が必要となるのですが、これも過去に2度経験しているので、今後はそれほど難しくは無さそうです。


そいうわけで、足掛け3年にわたって連載してきたこの項(実際2回だけだけど・てへ☆)、これで終了です。
スポンサーサイト
2012.11.17 / Top↑
昨日の日記の続きです。



9月半ばに、数週間前に登録をした仕事探しのエージェントから連絡がありました。8月にバイトを始めたばかりなのに、エイジェント登録というと不思議に聞こえるかも知れませんが、まぁこれにもわけがありまして。バイトという気楽な立場(でも週5日)でありながら、それまでとは異なるストレスやバイト先への疑問もあり、今すぐに転職というわけではないにしても一応登録だけはしておこうという思惑でした。

ここで紹介されたのが、とあるIT企業の翻訳。エージェント曰く、ITの知識や翻訳の経験がある人を探しているとのこと。確かにIT企業に務めていたし、それに関する翻訳(まがい)もしましたが正直務まるかどうか…。

でもここは、こちらに住んでいる日本人にきく噂通り、こちらのエージェントすごいです。猛烈な押し+やたらフレンドリー(率直に言うと無礼)。もちろんバイトをしていることは伝えてありましたが、「バイトなら何とかなりますよね。2~3週間の短期だし。おゆりさんにピッタリですよね。やっていただけますよね!?」と疑問形なのに、中身は疑問どころか決定事項の確認というような内容で見事に押し切られる。

でも、上にも書いたようにバイト自体に疑問を持っていたので、今後のためにも少し経験を積んでおいたほうがいいかも、しかも数週間だし、と引き受け面接へ。面接にも通り、9月下旬から仕事開始。


…冗談ですよね?


これが私の心のなかの第一声。
2~3週間の短期と聞いていましたが、正直到底数週間で終わる量ではございません。もう、冗談かと。
しかも、以前の会社でしていた翻訳というのは、英語からグーグル翻訳のようなものである程度日本語に直されたものを、的確な表現に直していくという「磨き」の作業。また、ITのみならず企業が発行する書物や印刷物、資料はどこの会社もそうでしょうが、単語一つをとってもどのような表現を使うかというのが統一されているので、使用されるべき表現の基準、また一人の一存で言い回しや表現を勝手に決めるわけには行かないので、チームや担当の人と話し合いながら決めていく、というものだったのですが。


今回は、

英語の文書を一から翻訳。300ページ以上。
翻訳の基準?そんなのないから勝手に決めて。



更に仕事をすすめていって判明したこと。


・・・原本となる英語が、とてつもなく酷い。


ええ、私の英語だって褒められたもんじゃないのはわかっていますとも。それにしても!というレベルなわけですよ!

もちろん、専門的な分野のことも含まれているので、基本的に私には難しい内容なわけです。そしてさらに、英語自体が酷いのです。どうひどいかというと、英語で育ったうちのニックが読んでも、全く意味がわからないくらい。文法もぐちゃぐちゃ。

もしかしたら、ニックはIT系ではないので難しいのかも。と、前の会社の同僚に何箇所か見てもらいましたが、その彼でもお手上げ状態。

その同僚曰く、「以前ある大手IT企業からマニュアルらしきものが送られてきたことがあり、英語のネイティブではない人が書いたとみられるその英語があまりにも酷く理解するのに苦労した覚えがあるけど、これはそれ以上に酷い。」と。


初めは、全体を訳してわからない部分を職場の人に聞こうとも思っていたのですが、あまりにわからない部分が多すぎるのと量の多さに、いちいち質問していたら締め切りに間に合わないとの結論に達する。例えば分からない文が出てくると、その解読(正にこの言葉がピッタリ!)に数時間を要する。やっと意味がわかっても、今度はそれを日本語に直すのに更に時間が。


結局2~3週間で終わるはずもなく、最終的に5週間。この間、もちろんカフェでのバイトもしていたので、1ヶ月間、元々予定していた4日間のホリデー時以外全く休みなし。正に不休で働き続ける。あれ、ここ日本だっけ?と錯覚するほど。むしろある種の懐かしささえ覚えるほど。

昼間だけでは終わらず、時には夜中、朝方まで作業をし、睡眠時間2~3時間という日が2週間。フラフラで車の運転も危ないと思うほどで、ニックに送り迎えを頼んだことも。


いや、ほんと。日本の企業戦士たちはすごいです。私、本当に倒れるかと思いましたが、日本だとこんなのザラですよね…。むりっす。イギリスでなまりきった私には、もう無理っす。


さらに、使用していたシステムが上手く作動せず、2時間かけて入力したデータが飛ぶ。しかも2度。計4時間の無駄。


そしてその翻訳作業から開放されたのが先週金曜日。
もう、笑顔が戻らないほどのうれしさと開放感。家に帰る途中の車の中で、ワム!の「Freedom」が脳内で流れたほど。
そしてここに来て、カフェのバイトもようやくバイトらしく週3~4日のシフトに。

やっと、やっと一段落です。
これからは、スピードを抑えつつ、もう少しのんびり、そして「ダラダラ」と移行と思います。
まぁ、いつまで続くかはわかりませんけど。
2012.11.07 / Top↑
夏を過ぎるといつも天気の話題になってしまいますが、んまー寒いのなんのって!日本の多くの都市よりも北に位置しているイギリスが寒いのはもちろん当たり前なのですが、今年は例年以上に寒くなるのが早い!私の住むブリストルは、イギリスの中でも南の方に位置していますが、11月初めだというのにすでに雪がちらついたほど。毎年4~6月辺りにやたら暖かい日が続いたと思うと(と言っても1週間とかですが)、これから夏本番という7月に入って失速。肌さむーい夏(?)の後には、大抵美しい紅葉を楽しめる秋が、最低2~3週間。しかも大体いいお天気なことが多いのです。ええ、例年は。

今年は、秋までのすっ飛ばして、冬です。10月半ばには最高気温が10度を切り、明け方には車のガラスが凍ることが数回。紅葉もすっかり終わりました。


本当に過労で倒れるんじゃないか、というか倒れる寸前だった10月が終わり、11月がやって来ました。前回の日記にも少し書きましたが、6月終わりに以前務めていたIT系の会社をやめ、8月からバイトを始めたわたくし。まずはそこから説明を。



8月から始めたバイトというのは、カフェでの仕事。昔からカフェでの仕事、カフェに関する仕事に興味のあったわたくし。前回の仕事を辞めた一番の理由は、オフィス仕事でのストレスだったので、とにかく違う環境を求めていたこともあり、以前から興味があり、しかも前職とは異なる環境、オフィスの煩わしい人間関係も無さそうなカフェで働くことに。

日本だとカフェのバイトというと、簡単に雇ってもらえそうなイメージがあるかもしれませんが、イギリスは実はそうは行きません。数年前に「仕事決まりました。」の記事にも書いたように、「求人を探す」→「履歴書を送る」→「返事を待つ」…以上。とにかく、返事をもらえないことには、面接にもすすめません。では返事をもらうにはどうすればいいかというと、やはり印象に残る「本気の」履歴書を送ること。それ以外にありません。

そこで、どんなにカフェでの仕事を熱望しているか。自分が如何に接客に優れているか。他の人とどう差別化を測れるか…ということを、それはもう、大学生の就職活動並みの真剣さと熱意を持ってカフェのバイトに応募したわけですよ。いや、ほんと、冗談じゃなくてそのくらい本気でした。


そして2週間後に電話をもらい、面接。そして面接に通ると、今度は「試用のシフト」が組まれます。まぁ、すべてのカフェではないのでしょうが、私が今お世話になっているところは、1.5時間のトライアルがあり、その仕事ぶりを本社から来た人事担当がチェック。更にそれに合格すると、仕事をさせてもらえることになります。

なんとかこのトライアルに合格し、仕事を始めたのが8月初め。まぁ、ここでも始めの1ヶ月はいろいろあったのですが、それは別の記事にまとめるとして…。私はこの仕事に「パートタイム」として応募したのです。日本のパートとは少し異なる部分もあるのですが、イギリスの場合(他の国もそういうところが多いでしょうが)、基本的には「パートタイム」と「フルタイム」の2種類があります。フルタイムは、日本で言う正社員と位置づけが似ています。フルタイムは週5日の勤務。それに比べてパートタイムは、おそらく会社によっても違うと思いますが、日本で言うバイトとパートを合わせたもの?中間?のような感じです。週5日ではなく勤務少なめ。

そう、パートタイム…のはずが、蓋を開けてみたら見事なまでに週5日勤務。


どうしてパートにこだわったかというと、仕事をしていなかった期間が長かったので、一気に自分を追い詰めてまた体調を崩すということを避けたかったのです。その為のパート希望だったのですが、結局週5日。

面接時に、「他の従業員の休みやホリデーが重なった時には、パートでも少し多く働いてもらうこともある」とは聞いていましたが、誰がこの状態が2ヶ月半も続くと想像できますかっ!?


もちろん、店のマネージャーには「私パートなので、せめて週4日にしてください」と数回直訴しましたが、「いやいや、面接の時に人が足りない時はパートでも長く働かなくてはいけないと説明されてるし、それに了承したでしょ?」と。


いやいや、ちゃうがな。もちろん一時的に人員不足で、例えば2週間連続で週5日働かなくてはいけないのなら文句は言いませんとも。…といっても、このマネージャーが有無を言わせぬ方でしてね。(これは別の記事としてかきます) 数回の直訴も見事に玉砕。気づいたら、2ヶ月以上経ってました。更にその間、特に始めの1ヶ月の間に、ただでさえ人が足りないと言っているの状況で、3人離脱。理由はそれぞれですが、そりゃ3人もやめられたら、パートの私だって「週4日…」なんて言えないわけですよ。いや、実際には事あるごとにアピールしてましたけど。


9月終わりになり、このカフェの別の支店から一人、移動希望でうちの店舗へ。そのすぐ後に、以前同じカフェでの勤務経験がある別の人が働き始めることに。更に更に新しく2人の新人さんも加わり、やっと人数的に頭数が揃ったのが10月初め。それでも、私を始め2人の新人さんは、色々とトレーニングが必要で即戦力にはまだなれず。そしてやっと、お店として、そしてそれぞれがフルタイム、パートタイムとしての労働時間を守りながらシフトを組めるようになったのが、なんと来週から。

パートとして仕事に申し込み、実際に「パート」として働けるようになるのに3ヶ月。


8ヶ月間のひきこもりを経て、一気に肉体労働なカフェでの仕事をほぼフルタイムで始め…自分のことながら、あたくしよく頑張ったわ(自分で褒めないとやってれれませんので、褒めさせてください!)。



ただ、週3~4日のパートとしての勤務が定着する1ヶ月前の9月終わりに、別の仕事が舞い込んでくることになります。続きは次の日記で。
2012.11.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。