ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、Facebookに投稿したエピソードに思いの外反応が大きかったので、ここに再掲載しておきたいと思います。

-----------------------------------------------
sasya-greentea


先日、最近少し準備を手伝っていた新しくオープンするあるレストランに、日本からのおみやげ(紗々の抹茶味)を持って行ったら、そこにいたスタッフが各1枚ずつ計3枚ほど食べ、残りをガラス製のジャーに・・・

残りを売り物にするために!

しかもよってたかって、「1枚いくらがいいと思う?50ペンスくらい?50じゃ安いよね。」と値段設定まで私に相談。

もうね。これがカルチャー・ギャップというものでしょうか。
ちなみにそこには中国人、フィリピン人、韓国人、タイ人。私以外は、みな「なんていいアイデアなの!」と興奮気味。その状況下では、このアイデアに賛同しない私が間違っているかのような錯覚に陥りそうになるくらい、あたくし、完全マイノリティ。

その後家族や友人(皆イギリス人)に状況を話し、皆の驚きの反応を見てやっと、「そうよね、私、間違ってないわよね」とやっともののつかえがとれた気になりましたとさ。

あー、もう。異文化ってやつは。

-----------------------------------------------------------------


中には、「実はあまり彼女たちの口に合わなかったんじゃない?」という声もあったのですが、それは無いです(断言)。というのもこれは日本食のレストランで、レジ前の一角に日本のお菓子を置いて個別販売をするという予定があったのです。だからそのためのガラスのジャーもすでに用意されていたという。さらに食べたお三方、「やっぱり日本のお菓子って繊細で美味しいよね!」とご満悦。


この投稿に、日本の友人から「信じられない!」という反応があるだろうなということは少し予想できたのだけど、驚くことにイギリス人はじめ、アメリカ人、オーストラリア人からも「あり得ない!」という反応が。

どうして私がイギリス人たちの反応に驚いたかというと…これはまた、このレストランでの出来事とは異なるトピックとなるので、次回に分けます!
スポンサーサイト
2013.01.29 / Top↑
いつものことながら、久々の更新です。


実は年末年始は日本に帰国しており、1月7日にイギリスに戻りました。そして「ホームシックに一直線!」しまして…。普段、イギリスに住んでいる間はホームシックは殆どありません。日本食が恋しくなることは多々あれど、「ホームシック」にまでなることは無いのです。それはイギリスでの生活も6年目を迎え、現在はイギリスが私にとっての「ホーム」だからなのだと思いますが、よくよく思い返してみると日本からイギリスに帰って来たあとって毎回「落ち込み」があるような気がします。今回の日本帰国は約2年ぶりだったので、「イギリスに帰ったあとの落ち込み」のことをすっかり忘れていたというのも有り、そのギャップにも参ってしまったような。


また、イギリスに戻る「季節」も大きく関わっているような気がします。これが春や夏の日照時間の長い時期ならここまでの落ち込みは無いような。

年末年始の日本は、緯度的に言えばかなり北に位置するイギリスよりも正直数段寒かったのですが、日本には「日本晴れ」があるんですよ。冬でも、気温がマイナス近くまで下がろうと、日本にいると朝7時半には明るいし、カーテンを開ければ美しい青空!もちろん毎日ではなくとも、週に数日は晴れ。(愛知県の事例です)

日本では当たり前のこの環境で2週間すごし、イギリスに戻ると…物の見事な「曇天」

ロンドンのヒースロー空港に着陸する寸前、機体の高度がかなり下がっているにもかかわらず全くもってイギリスの国土が見えなかったのです…ものすごく暑い雲に覆われて!「覆われて」という言葉が正にぴったりで、見渡す限り雲。地平線(雲平線?)までずっとずっと雲。しかも、厚みがすごい。高級な綿布団が均等に幾重にも重ねられて、それが見事なまでにどこまでも続いているような景色。

そしてその厚い厚い雲をくぐり、視界が開けた時にはすでに街(というか住宅地)を歩いている人たちが容易に目指できるほど地上に近い距離。そして、


なに、この薄暗さ?


午後2時半。雨も降っていないのに、視界に入るすべてが「灰色」。
ずっとイギリスで生活していると、その薄暗さが当たり前になって何とも思わないのが、日本の冬の澄んだ青空を見た御蔭で、そのギャップに今更ながら驚いてしまった。驚きすぎて、笑ってしまったほど。

イギリス(南西部)は、冬の間に青空を見られるのは、多くて週に数時間ほど。そう、多くて。実際ここ1周間は、雪が降っていた影響もあり青空発見回数0。むしろ雪が降ってくれていたほうが、明るかったりするのですが、イギリスは基本的には雪があまり降らないのです。北欧の雪の多い地域と気温があまりわからなくても、暖流の影響のためか雪がするのは年に1、2回。たいていは数日で溶けてなくなってしまう程度。


初日はその薄暗さに、「ああ、もう!とことんイギリスだわっ!」と笑い飛ばせる余裕もあったのですが、2日目、3日目…そして延々と青空(というか日光)が見当たらないこの生活、そして時差ボケや旅の疲れ、その他諸々の理由等が重なり…うつ状態。


これはいけない!とやっとのことで行動に起こしたこと。
それは、


家電の購入!


私が購入したのは、こちらです。
sad lamp

ランプです。実際はこれよりも一回り小さいものなのですが、実はイギリスに来てから毎年冬になると、購入を考えていたもの。ただ、安くはないのでずっと躊躇していたのです。お値段、約100ポンド。現在のレートに換算すると、14,000円くらいでしょうか。これ、何かといいますと、タダの強烈な光を発するライトなのですが、「冬のうつ、撃退ライト」なのです。

日本でもここ数年で知名度が上がっている「冬季うつ病」撃退グッズです。冬季うつ病(正式名称:季節性情動障害 Seasonal Affective Disorder=SAD)とは、日照時間の短さ、日光に当たる時間の不足が原因といわれる落ち込みや疲れ、過眠、過食、もしくはその逆など、うつ病に近い症状が表れます。日の出は朝8時過ぎ、日中もずっと薄暗く、午後3時半にはほぼ真っ暗になるイギリスの冬は、誰でも気が滅入る物。さらにこういう変化に敏感な人は、以上のような症状が表れてしまうのです。

しかし、本当にこんなライト一つで症状が改善するのか?というか、このライト、高くない??…と購入を5年も躊躇していましたが、さすがに今回の落ち込みは明らかに天候に寄るものが大きいと感じたこと、そして来年以降も毎年使えるし、ということで即購入。こちらのアマゾンの評価もかなり良いし。

実際に商品を使用してみると…これ、ただの蛍光灯じゃありませんこと?と思ったりもするのですが、嘘か真か、今の所この光に当たる事を繰り返していると、少し気持ちが楽になります。単なる心理的なものかもしれませんが、それでも使っている本人の気分が軽くなるのなら、効いているということでしょう。

1日に30分ほど、テレビやパソコン、読書中につけてます。すっごく眩しいですけど。そして気分が滅入ってきたなと思うと、またスイッチ・オン。この文章もライトに照らされながら書いてます。


まだしばらくは、このライトのお世話になりそうです。
2013.01.29 / Top↑
皆様、新年あけましておめでとうございます。
2013年もよろしくお願い致します。


わかっていますとも、もう1ヶ月程過ぎているって。でも挨拶だけはさせてください!
今までどおりダラダラと気まぐれな更新頻度ですが、これからもよろしくお願い致します。


おゆり
2013.01.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。