ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
大変ご無沙汰しております。

一体どのくらいの方が、このほとんど更新のないブログを訪れてくださっているのかわかりませんが、今回の更新はなんと1年4ヶ月以上ぶりになります。

実はこの間、生活にたくさんの大きな変化がありました。
ブログのタイトルになっているように、以前はイギリス南西部のブリストルで生活をしていましたが、今年の3月にロンドン西部のスラウ(Slough)という町に引っ越しました。そして現在は、さらにロンドン近郊に引っ越し予定で家探し中です。

仕事面でも、今年1年で3回も職場が変わり、来年1月中旬には更に新たな職場に移る予定です。

2012年から2013年は、私にとって「停滞期」だったようで、仕事や人間関係に悩み苦しんだ期間でした。悩んでも解決の糸口は引っ越しなどの大きな変化がないとなかなか見つけることができないことはわかっていても、まずは仕事が見つからないことにはそれを行動に移すこともできず…という八方塞がり感。

やっと仕事が決まったと思ったら、担当のリクルーターのミスによりふりだしに戻り…とネタだけはとにかくたくさん提供してもらったのですが、その後とにかく嵐のような変化の連続の日々が何ヶ月も続き、今に至ります。現在はつかの間の休息といったところですが、この数日は本当に久しぶりに心からリラックスで来たように思い、ずっと気になっていたこのブログを少し更新してみようという気になりました。


実は、このブログを今回更新するまで、そろそろ閉鎖しようかと思っていました。というのも、私のブリストルでの生活は今年の3月で区切りがつき、現在は私のイギリス生活の第2章のように感じていること。また、自分のイギリス生活も丸7年になり、ブログ開設当初のような目線とは異なってきていることです。イギリス生活=すべてが新鮮、だったのが少しずつこちらの生活や文化に馴染み始め、むしろ今は日本との差異が出始めていると感じるほどです(良くも悪くもですが)。

しかし、こうして一旦書き始めてみると、もっと書きたいこともいろいろ出てきたりして、次の一歩をどうしようかという迷いも生まれてきました。そこで、閉鎖、休止に関してはひとまず置いておいて、自分のペースで方向性を探っていこうかと思います。

スポンサーサイト
2014.12.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。