ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Divaが我が家にやってきて、1週間が経ちました。

先週の日曜日は、ずっとずっと2階のベッドの下に隠れていた。でも夜になると怖がりながらも2階から1階に降りてきた。それでも隠れていたのだけど、とにかく彼女は1階にいた。

月曜日。私は仕事。この日もずっと隠れていたようだけど、2階には行かず、ずっと1階の居間のカーテンの陰に隠れていたよう。2階に行こうと思えば行けたのに、ずっと居間にいたDIVA。彼女の性格の一面を知った気がした。もちろん私の想像でしかないけど、少しずつ私たちに近づこうと努力しているように思えた。

6時半ごろ仕事から帰り、ニックにいわれたとおりたまに(30分~1時間に1回くらい)Divaをなでながら話しかけてみた。それでもずっと隠れていたけど、頭をなでると少しずつ顔を手に擦り付けてくるようになった。

夜10時半。そろそろ寝ようと彼女に挨拶に行き、カーテンで隠れている彼女のベッドの横に座って頭をなでた。そしてニックとソファにすわり少しテレビを見ていたら、Divaが窓辺から降りた音がした。彼女がその日、自ら動き出したのは初めて。

私とニックは顔を彼女に向けないようにじっとして、何とか鈴の音だけで彼女の行動を追った。するととことことソファの下までやってきて、「ニャン」と一言鳴いたかと思うと、ひらりと私の膝の上に乗った。

突然のことで驚いたけど、彼女の勇気に感動した。

翌火曜日のDivaさん↓
膝上

ニックの膝の上です。本を読んでいるときも、PS3やってるときも、ニックの膝の上。

それでも、今もまだ完全に落ち着いたわけではなく、やっぱり不安そうにしていたりすることはある。それでも日々、彼女が心地よく落ち着いている様子を見ることが増えてきた。

いやー、彼女は強い。本当に。見上げた女です。彼女が居心地よくここで生活できるように、私も彼女との生活を楽しませてもらうつもりです。
スポンサーサイト
2009.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/126-a57dd47e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。