ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週の火曜日、はじめての英語クラスに参加してきました。職場から学校まで車で約1時間。授業は18時15分からなので、通常通り17時半に職場を出たのでは間に合わないので17時に職場を出ることに。そのため前日の月曜日は30分長く仕事をしてきました。

ひとりでカレッジに向かうのも初めてだったので、道に迷ったらどうしようかと不安に感じながら、なんとか到着。そしてクラス開始。

クラスには私を含めて13人。どうやらしばらくは一番上と二番目のクラスが合同で行われるようで、今のところ誰が同じクラスなのかは不明。国別でみると、ポーランドからの生徒が一番多く5人。ほかに中国、バングラディシュ、スリランカ、ソマリア、チェコ・・・と国際色豊か。日本人は私のみ。クラスの先生曰く、私立の語学学校には日本人があふれているようですが、公立のカレッジにある語学クラスではほとんどいないそう。先生のサンドラは今のカレッジに勤め始めて3年で、私が初めての日本人の生徒らしい。また、生徒たちも、中国人は大勢見たことがあるけど日本人と接するのは初めてという人ばかり。4~5人のグループに分かれて作業をした時、皆でプリントに書かれた問題を解くという作業だったのが、「おゆりの話を聞いているほうが楽しい」とグループ内の子が先生に直訴したほど、日本は未知の国らしい。

「生の魚を食べるってホント?」「何でオートマの車運転してるの?」「何でラウンドアバウト(ロータリー状になった交差点)がないの?」「中国と日本って同じ国でしょ?」(ポーランド人より質問)。特に最後の質問は、いろんな意味で印象的でした。もちろん中国も日本もごちゃまぜに考えている人は大勢いるのだけど、イギリスに来てから日本と中国の違いがわからないという人にこれまで一度も会ったことがなかったのです。それは私が今まで出会ってきた人の種類が違うから、というもが一番の理由かもしれませんが。職場の人たちは、自分たちの会社クライアントとして多くの日本企業を抱えているし、普段の生活屋仕事がら外国にたいして意識が高いのです。

そういうこともあって、普段の生活の中では出会わない人たちと出会えるクラスは、そういう意味でも興味深いです。まだ2回しかクラスに参加していないので答えを出すのは早すぎるとは思いますが、授業としては私が期待していたものとは少し違っていて、内容も簡単。それでも細かなところを先生に直してもらえるし、少しずつでも学べる部分はあるので、自分なりの目標を持って頑張ってみようかと思います。
スポンサーサイト
2009.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/166-012ec5db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。