ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ビザ申請のための準備をしていた1ヶ月間、ありとあらゆることが一気に押し寄せてきた。ただでさえビザの申請というのはストレスなのに、それ以外の要因が別のストレスを生み出し、本当にイライラし通しだった。


ビザ申請時には、たくさんの「証明」が必要になる。

結婚している場合は、夫婦またパートナーとしての関係が成立してあるかを証明する必要がある。この証明には、連名の預金通帳やガス・電気の請求書などが使われる。そこで、私が会社で入っている生命保険の証明書を会社に作成してもらい、私の名前、住所はもちろん、受取人となっているニックの名前も入れてもらえるように頼んだ。

すると、イギリスにしては珍しく、頼んだ3日後にはその手紙がメールで送られてきた。「イギリスもやれば出来るじゃないか!」とおもったのもつかの間、手紙を確認してみるとニックの名前が入っていない。すぐに人事部に連絡をいれ、ニックの名前も手紙に記入してもらえるようにお願いをする。というか、前のメールにもその旨と理由もちゃんと書いたんだけど…。


すると翌日、人事部の別の人物からメールが。

「あなたの生命保険の契約書が見つかりません。まだ提出していないんじゃない?…(中略)…それから、どうして手紙が必要なのか、説明してくれる?」



・・・あぁ、やっぱりきた。


書類が無い?手紙の理由を述べろ、ですと?しかも上から目線だし!


大体ね、その別の人物からのメールも、そもそも私が送ったメールを転送、返信を繰り返したものなのよ。だから、そのメールのなかに、どうしてその手紙が必要なのかはきちんと書いてあるのよ。あんた、全く持ってメールと言うものを読んでないやろっ!何のための転送、返信機能なのかわかっとんのか!?

それにね、だいたい書類が無いって一体どういうことよ?

あたくし、この生命保険の契約書に関しては、提出期限当日に持っていくのを忘れたので、人事部のオフィスの一番奥のデスクの上で、○○さんの目の前でサインをして、彼女に手渡したのをしっかりと覚えているのよ!どういう処理をしたら、そんなに簡単に書類を無くすことが出来るんですか?小一時間、問い詰めたい衝動に駆られたけど、ええ、アタクシの英語力じゃ無理(負け犬)。

それでも精一杯の嫌味をこめて、あらためて手紙が必要な理由とともに「1月半ばの書類提出期限に間違いなく提出した覚えがあるのに、どうしてそれが見つからないのか不思議でなりません」とメール送信。2日後に手紙がメールに添付された送られてきたが、無くなった書類に関してのコメントは一切なし。


あれから1ヶ月以上たった今も、無くした書類に関してのコメントは一切ありません。全く同じ書類に新たにサインをし人事部に提出したので、今度こそしっかり保管してくれることを祈ります。

ああ、イギリス。合掌。
スポンサーサイト
2009.12.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/179-b9f199f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。