ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
数日前から話題になってる、オリンピック出場選手の服装の問題について。
今日の『デイリー・テレグラフ(Daily Telegraph)』でその日本の“騒動”について、大きな写真つきで掲載されていた。そのくらい、外国にとっては「奇異」もしくは「面白い」ものなんだろう。

該当の選手が叩かれ始めると、今度は「別にいいじゃないか」「あんなのは普通」という声が聞こえてきた。その中に「こんなことで叩くのは日本くらい」という日本に住む日本人の意見と思われるものが記事に掲載されていた。


本当にそうなのか?


私は現在イギリスに住んでいるが、イギリスでも彼の着こなし(?)は許されないと思う。ドレッドヘアにピアスは問題ないと思うけど。オリンピックのみならず、国を背負って戦う選手たちの姿をイギリスでもテレビでよく目にする。フットボール、ラグビー、クリケット…パパラッチに追いかけられて撮られた私服姿は、それこそ腰パンだったりだ。でも、国際試合に出かける際の彼らは、一様にスーツを着こなしている。国を代表、世界を代表する彼らの姿勢はまさに一流で、公式スーツを着られるというのは一流の証なのだから。いや、それ以前に他の国と比べる必要も無いとも思う。仮にこれが他国ではOKで日本でだけ叩かれたとしても、公の場で、しかも国を代表する立場ではきちんとした服装をするというのが日本の美しさや礼儀正しさの概念であるなら、そうするべきだと思う。だって、国の代表なんだもの。練習のためのお金、オリンピックに出場するためのすべての費用は国が負担しているのだから。


これは私のあくまで主観なので、イギリス人にも聞いてみた。彼らの答えは皆同じだった。


「ほんとに馬鹿だね」もしくは言葉も無く「(失笑)」


もう、議論する余地もない。それ以前の問題と言う感じだ。



この選手、小学生の頃からプロとして活躍してきたと言うことだが、そんなに小さいときから一流の選手たちに囲まれてきたのに、彼らから一流の流儀を学ばなかったのか。プロ暦10年。

ベッカムがアルマーニのコマーシャルにパンツ一丁で出ようが、それは個人のこと。でも彼が国際試合に行く時にスーツを「俺流」に着ているかといえばそうではない。いや、むしろ本当の意味で自分らしさを出した、粋な「着こなし」が出来ているのなら誰も何も言わない。むしろ「ベスト・ドレッサー」としてテレビや新聞、雑誌に取り上げられることはあるだろう。でもスノーボードの彼のは着こなしでもなんでもない。ただの反抗期。21歳。自分らしさを傲慢な態度でしか表現できないなんてダサすぎる。
10年後、15年後。彼がどうなっているのか。「若気の至りでした」と振り返り反省できるのか、大人になりきれないまま歳をとっていくのか。彼の今後が、ある意味楽しみだ。


…そういえば、朝青龍のがっつポーズ問題も、同じくらい大きな写真付きで掲載されてました。アタクシとしては、ガッツポーズもさることながら、彼の無精髭がものすごく衝撃でした。そんなんでも土俵に立っていいの?と。なんか、似てるわね。

スポンサーサイト
2010.02.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/192-7f4bb6dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。