ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
オリンピックが終わって早数週間。オリンピックは夏・冬問わず、日本では一大イベントだが、イギリスではちょっと事情が違う。北京オリンピックは、その次がロンドンオリンピックと言うこともあり、通常よりも注目度が高かったようだ。またイギリスのアスリートたちの成績もいつも以上によかったらしい。では、今回行われたバンクーバー冬季オリンピックはどうだったか?

まず、話題にさえ上らないのだ。

イギリスではオリンピックよりも、フットボールとラグビーのシックス・ネイションズと呼ばれる国際大会のほうがよっぽど大事で、新聞のスポーツ面の一面から5面くらいまではこの2つの話題。その後に申し訳程度にオリンピックの話題が載るくらい。また、オリンピック開催直前に、フットボールのイングランド代表のキャプテン、ジョン・テリーの浮気が発覚し、トップ記事はそればかり。


オリンピック熱の低いイギリスにいても、あたくしは日本人。やっぱりちょっとは盛り上がりたいし、ふだんなかなか目にすることの無い日本人の活躍だって見たい。


今回のオリンピックはイギリスでも時差の関係でオリンピックの放送は夜中でしたし、なかなか日本人選手を見る機会が無かったのですが、日本では期待度、話題性の高いフィギュアだけは見たい!思い切り男子フィギュアは見そびれて、日本人選手の活躍も、話題のジョニ子も見逃しましたが、でも女子だけは!

職場で唯一オリンピック観戦をしていたイギリス人ショーンに、フィギュアの時間を調べさせ(鬼)、夜中1時からであることを確認。さすがに起きていられないのでDVDを予約。きっとDVDを見る前にネットで結果はわかってしまうだろうけど、それは致し方なし。

金曜日。ショーンに「おゆり、フィギュア見た?」とたずねられ、DVDに録画し今夜見るつもりだと伝えた。ショーンは結果もしっかりと確認しており、選手の名前も覚えていた。

そしてその日の夜。

夕ご飯たべ、のんびりとソファーに腰掛けDVDの再生ボタンを押す。すると現れたのは、『イーストエンダー』。日本で言うと『渡る世間は鬼ばかり』のような25年ほどイギリスでは続いているテレビドラマ。しかもDVDでは手話つき。

・ ・・・・・・・。

いや、もしかしたらこのドラマの再放送の後にフィギュアが始まるかも・・・と淡い期待(実は90%以上諦めてたけど)を胸に早送りしてみたが、結局『イーストエンダー』(手話つき)が3時間。


間違えた。
チャンネル間違えた。
完全に間違えた。
BBC1じゃなくてBBC2だった。


それでもすぐにBBCのウェブサイトでその映像を見ることができると気づいていれば、ネット上でみることもできたのに、そのことに気が付かなかったあたくし。
翌週木曜日、ショーンにそのことを伝える。いや、伝えきる前に一言、「間違ったチャンネルを録画したの?」と笑いをこらえながら聞かれた。ええ、そのとおり。その通りよ。BBC1を映しちゃったの。3時間『イーストエンダー』だったのよ。

「BBCのネット上で見ることができるんじゃない?あ、でももう遅いかも。確か1週間はテレビで放送されたのを見ることができるんだよ…でも今日は木曜日だから、たぶんもう終わってるね」

席に戻ってBBCのサイトを見てみましたが、彼のいうとおり時すでに遅し。

そしていつの間にかオリンピック自体が終わっていた。これがあたくしの冬季オリンピックでございます。あ、でも唯一、銀を取ったスピードスケート(正式名称がわかりませんが、3人1組でレースをするやつ)は偶然見ました。

次回のビッグイベントは南アフリカのワールドカップね。こちらはフットボールの本場ですもの。英語クラスの同級生にして友人であり大のフットボールファンであるドレイミーという強力助っ人もいることだし、こちらは盛り上がれそう(?)です。
スポンサーサイト
2010.03.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/193-369d4640
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。