ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
月曜日に機嫌を損ねたみどプー。

みどプーは9歳のオートマ車。プジョー206と言う種類の車で、昨年8月に購入。そう、7月終わりに事故を起こし、ルル(10歳のフォード フィエスタ)が壊れてしまったためだ。

私の前にみどプーを所有した人は2人。私が3人目。
始めは順調だった。それが10月になるとみどプーの反抗期が始まった。時速40マイルを超えると、ギアが変わらなくなってしまうのだ。オートマなのでスピードにあわせてギアが勝手に変わるはずが、変わってくれない。10月中に私は2回もレスキュー(契約しているJAFのようなもの)に電話をし、会社まで車を取りに来てもらい、大きなトラックにみどプーを乗せて家まで帰ってきたことがあった。

1回目の時にすぐに修理工場にもって行って、改善されたかに思われたが、2週間後に同じ症状が出た。

2月下旬…オートマ車が壊れやすいと言うことがよーーくわかったあたくしは、5月の車検までにまだ少し時間もあるので定期点検に出した。お値段100ポンド。安くは無いが、また壊れたら困るのでこの投資は仕方が無いと払ったのに。

その1週間後、また10月と同じ症状が出た。出社途中だったが、幸いまだ家の近くを走っていた。こんな時に限って工事のための大渋滞で、通常10分の道のりが40分もかかったが、とにかく家に帰った。

すでに仕事に行っていると思ったデイブがまだ家にいたので、すぐに事情を説明。いつもお願いしている修理工場に電話をしてくれたが、こういうときに限ってその彼はホリデー中。来週月曜日まで帰らないと言う。デイブは彼が帰るのを待ってみてもらおうといったが、仕事にも英語クラスにも、ちょっとした買い物にだって車が無ければ何もできない。私が住む家から一番近いお店まで、徒歩で片道30分ほどかかるのだ。緑に囲まれたファームハウスの生活は快適だが、車が無ければ何もできない。

その事情をデイブに説明し、別の修理工場に電話をしてもらう。しかし、その修理工場はみどプーの受け入れ拒否。理由はオートマだから。日本では考えられないけど、イギリスではオートマ車は本当に少ない。基本的に皆マニュアル車だ(これについてはまた今度)。つくりのシンプルなマニュアル車なら直せるが、つくりが複雑なオートマは直せるかわからないとのことだった。

デイブは続いて友人に電話をし、友人が使っている修理工場を紹介してもらい、そこに予約の電話をした。その後すぐにデイブと共に車を持っていった。

その日の夕方5時前。修理工場から連絡が無いので電話をかけてみると、まだ点検が終わっておらず(と言うか、たぶん点検を始めてすらいないと思う。だってイギリスだから)、何処が悪いのかがわからないとのこと。該当箇所が見つかったらどのくらい値段がかかるかを修理に着手する前に連絡してくれるとのこと。私にできるのは彼らからの連絡のみ。

翌火曜日。家から仕事をさせてもらおうかとも思ったが、電車とバスを使って仕事へ。片道約1時間半。車だと45分。しかし、電車に乗っている30分間は、本を読んだりすることができて、意外に悪くないなと感じる。

水曜日。10月に故障した時の原因は、ギアを変更するために必要なオイルに問題があったとのことだった。しかし今回は、電気系統の部品に問題があるらしい。木曜日にその部品が届くのでそれで直るかどうかをチェックしてみるとのこと。

木曜日。どうもその部品では直すことはできなかったらしい。その修理工場では原因を探ることができずお手上げだとのことで、別のガレージに持って行って原因を究明するとのこと。

金曜日。別のガレージからの報告で、修理に最低1000ポンド以上かかるとのことが発覚。


…という状態なのです。

新しい車を買わねばならないのです。もう、どうしたことか。この予期せぬ出費。思えば去年の7月の事故以来、大型の予期せぬ出費が続いているような気がする。勘弁してくださいよ、本当に。

ニックの留学時にたずねていけるように、少し溜めておかねばと思っているのに…私の銀行口座からすぐに消えていくわ、あなたたち。でもこればっかりはどうしようもないわ。必要経費だもの。みどプーとのお別れは寂しいですが、今度はもっと長く付き合えるパートナーを見つけたいと思います。

皆様、Wish Me Luck!
スポンサーサイト
2010.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/197-8c4df11c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。