ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本、やりましたね!

と言いつつ、試合はほとんど見ておりません。今日は夕方5時半から英語クラスの試験があり、9時に帰宅。もう試合は終わっているかと思ったら、まだやっていたので後半の15分ほどを観戦。

いやー、がんばりましたな。

勝利はもちろん嬉しいのですが、何が良かったかって試合中の解説・コメントと試合後の批評。
カメルーンに勝利した時は、「生ぬるくおもしろみのない試合」と痛烈に切られましたが、今回はもう試合中から違いました。

「Outstanding!」
「Truely talented!」
「Briliant game!」


普段私のブログでは出来るだけ英語表記はしないようにしているのですが、この3つだけはそのまま表記します。訳すよりもそのままのほうが、雰囲気が伝わるような気がして。

この試合はイギリスではBBC1(BBCのメインチャンネル)で放送され、司会進行を元イングランド代表、いや愛知県出身の私にしてみれば、元グランパスエイトのギャリー・リネカーがつかさどり、ゲストが3人(すみません、誰かは知らないけど皆サッカー関係者、のはず)。イギリスの番組で批評を行う人たちって、本音で語るのでものすごく痛烈だから悪く言われた時は本当に凹むし、褒められたら心から嬉しくなる。今回の試合後の彼らの感想は、後者。こんなに手放しの賛辞があるのか?何かの陰謀なのか??と思うほど、とにかく褒めまくりでした。

彼らのハートをわしづかみにしたのは、本田さん。とにかく彼へは惜しみない賛辞が繰り返されました。コメントの8割は彼に対する賞賛だったと思います。

「彼は擢んでている」
「(3本目のゴールが決まる前のVTRを見ながら)このボール捌きと美しいターン。すばらしい!」


そしてもちろん本音も。

「本当に感動した。まさかこんなすばらしい試合が見られるとは正直思っても見なかった。」
「日本チームには何人か本当に実力を持った選手がいると言うことに気づかされた」
「日本の選手がこんなに才能があるとは知らなかった」
「日本チームのお陰で、この試合を心より楽しませてもらった」
「次の試合が待ち遠しい」


どうですか!すごいでしょ?
全然期待していなかったと言う彼らの正直さ。本当に驚きで興奮しておりました、この四方(ギャリーとゲスト3人)。イギリスが前日に決勝進出を決めたから、他者を褒める余裕が出てきただけなのでは?とかんぐりたくなるほどですが、いやきっと本音なのでしょう。サッカーのみならず他の番組でも、イギリス人以外に対してこれほどの手放しの賛辞をテレビで見たことがありません、アタクシ。まぁイギリス暦2年半なので、長くはありませんが。

やっぱり日本が評価されると言うのは、日本人として嬉しいものです。決勝、楽しみにしております!
スポンサーサイト
2010.06.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/215-9de672f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。