ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日は旦那の友達ロブの誕生日で、旦那と義父とともにひさびさに彼のお宅にお邪魔した。すでに大勢の人が集まってた。

・ロブ
・ロブのご両親
・ロブのお姉さん+息子(8歳くらい?)
・ロブの友達
・同居人サラ+息子2人(7歳&10歳)
・ロブの飼い犬ジャック
・初めて見る別の犬カリー

去年まで分譲マンションに住んでいた彼は、訳あって現在は一軒家を所有。マンションは売りに出しています。マンションではフラットメイトのジョン(21歳・男前)と暮らしており、現在の一軒家にも一緒に引っ越してくる予定だったのですが、引越し直前にジョンは故郷であるケンブリッジに戻ることに。

イギリスでは一般家庭の空き部屋やアパートの一室を貸し出す人も多く、全くの他人とシェアすることもとても一般的。この同居人を「フラットメイト」と呼ぶ。

一軒家にロブ一人で生活するの、なんだか寂しいなぁ・・・と人事ながらちょっと気になっていたところ、先月下旬に新しいフラットメイトが決まったという話を聞いた。よかったねー、ロブ。で、どんな人?

「40歳の女性で、離婚して、子供2人も一緒に引っ越してくるよ」

・・・え?

ロブは昨日で27歳。前のフラットメイトは歳は下だけど同じ世代の男性だった。もちろん異性のフラットメイトも全然珍しくないんだけど、かなり年上の女性でしかも小学生の子供2人も? 子供がいるからとか女性で年上だから、というのではなくただ純粋に驚いた。そして昨日その女性サラと息子2人と初めて対面。ものすごく話しやすい女性だった。そして息子2人も人懐こくてしっかりしている。

ロブは独身だが、実は2児のパパ。元彼女とは子供をめぐって裁判中。だから私は彼が子供たちと一緒にいるところを見たことがない。しかしサラの2人の息子はすでにロブに夢中。歳の離れたおにいちゃんができたことがうれしくてたまらない様子で、「ロブー、見て!」「ロブー、こっちに来て!」と彼を放さない。ロブのお姉さんの息子もすっかり仲良しで、3人でテレビを独占している。

宴もたけなわ。皆がそれぞれの岐路につき、私たち家族とロブ、サラでしばし談笑。サラの家族が引っ越してきたのはつい数週間前なのだが、サラとロブの間には強い絆がすでに感じられた。お互いに似たような境遇の2人だからこそ、なのかも知れない。そして私が初めて見た犬、ボーダーコリーのカリーは、ロブとサラが共同で飼っているらしい。

「ロブとサラは付き合ってるの?」と旦那に聞いてみたが、ただのフラットメイトだとのこと。「同じような境遇だから理解しあえて、お互いに助け合えて良いよね」と言っていた。

さすがに最近もう慣れたけど、イギリス人の人との付き合い方は日本人とは大きく違い驚かされることがしばしばある。これはそのほんの一例。
スポンサーサイト
2008.04.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/22-01acfd47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。