ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11月下旬から一気に寒さを増し、「真冬」に突入したイギリス。私が住むブリストルでも雪が降り、一面真っ白。

昨年の冬も雪が多く、17年ぶりだったかの積雪記録を更新したばかりだったが、この地方で雪が降り始めたのはクリスマス前後だった。今年は勢力を増している様子。

職場のあるグロスター州では、最低気温の記録を更新したとの事。昨日職場についた朝9時で、気温は-7度だった。今の職場で働き始めて2年3ヶ月。3度目の冬だが、こんなに気温が下がった覚えはない。というか、-7度は私が人生の中で経験した一番低い気温だったとおもう。夜は、グロスター州の地域によっては-12度だったそう。

スコットランドからイングランド北部にかけては、11月下旬からもうずっと雪に覆われている。ニックの妹キャサリンが住んでいるイングランド南部のポーツマスも雪。でもどういうわけか、ブリストル・グロスター地方は雪が降らない。降ってもちらつく程度。どうやらこの地域はイギリスで一番最後に雪が降る地域らしい。

軽くちらついた雪や空気中の水分が低い気温で凍りつき、木々に付着して見事な「雪の華」が見られた。積もっているのとは異なる風景は、まさに映画の「ナルニア国」!去年雪が降った時には、ラジオやテレビで盛んに「ウィンター・ワンダーランド」と言う表現が使われたけど、今年は「ナルニア」と言う言葉をよく耳にする。ナルニア国物語3がもうすぐ公開なのでその影響もあるのかもしれないが、一面の銀世界に雪の華の光景は、まさに箪笥を開けた時に目の前に広がる、あのナルニアの景色そのものです。

この美しさに心打たれるのですが、やっぱり寒いもんは寒いのです。




今年中に書き切れていなかったブログ記事を!・・・と前々回のブログ内で宣誓したにもかかわらず、この有様。さらに寝ただけが増え山積み状態で、雪崩を起こしそうです。もうすぐカレッジの英語クラスが終わるので、その後に何とか!いや、本当に何とかなるのか!? 生暖かく見守ってくださいますよう、お願い申し上げます。
スポンサーサイト
2010.12.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/235-ee6e92b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。