ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今週末から、クリスマスホリデーのため、もしくは里帰りのために飛行機を利用する人が多数。そんな時に限っての寒波。11月下旬から一気に本格的な冬模様になったイギリスですが、先週は多少落ち着いていたのです。落ち着いたと言っても、最高気温2度とかなのですが(ブリストル・グロスター地域)、それまでが昼間でも-5度なんていう気温だったので、0度以上だとなんだか暖かくなったような錯覚に陥るほど。
それが今週末から再びの寒波。ブリストルでは、土曜朝7時半には一面の銀世界でしたがすでに雪は止んでいたのですが、それでもブリストル空港からのフライトは大幅に遅れた様子。この寒波はイギリスだけにとどまらず、ヨーロッパ各地にも影響しており、今日はフランス、ドイツ、ベルギーの空港も軒並み閉鎖になっていた様子。その打撃を受けたひとりが身近に。
デイブの友人、ブリジット。ドイツ人のブリジットは、日曜にロンドンのヒースローからドイツのバンブルグに行く予定だったのが、ヒースローが閉鎖。すべての便がキャンセル。ハンブルグの空港も閉鎖だったそう。こういう時、もちろん日本の空港でもパニックになるでしょうが、イギリスの空港は最悪です。多分イギリスのみならず、日本以外の国はどこも似たり寄ったりなのではないかと思いますが、まずこういう緊急時のマニュアルを職員たちが理解していないので、閉鎖・キャンセルなどのアナウンスが殆ど無く、乗客たちは自分たちの便が大丈夫なのかキャンセルなのかさえ確認するのが難しくなります。さらにキャンセルになったということが分かっても、別のフライトの再予約などの手続きをどこでしたらいいのかのアナウンスも殆どありません。運良くその場所が分かっても、航空会社の職員が同対応をするのか分かっていないので、明確な答えがもらえることはおろか、再予約自体もできないことが多いのです。実際旅慣れているブリジットも再予約できず、このまま空港にいても埒があかないとブリストルに戻ってきたのです。

実は水曜日に日本帰国を控えているアタクシ。今回はバーミンガムからドイツのフランクフルト経由での帰国なのですが、バーミンガムもフランクフルトも大丈夫なのか…。今後数日は雪は降ってくれるな、と祈るばかりでございます。
スポンサーサイト
2010.12.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/238-72092c2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。