ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
チャリティー・ラッフルの報告⑤。やっと最終回でございます!

『職場でチャリティー・ラッフル。』『職場でラッフル!報告①』『職場でラッフル!報告②』『職場でラッフル!報告③』『職場でラッフル!報告④』を参照ください。


いよいよ、ラッフルの当選者の発表日。これまで集めた募金の合計金額、イギリス赤十字への送金報告、そして参加してくれた同僚たちへのお礼もメールに盛り込まなくてはならないため、このメール作成に時間がかかってしまった。この日は連休前日のため、午後から有給を取る人も多いだろうという理由からなんとか午前中にメールを送れるよう急ピッチでメール作成を行う。

参加してくれた人々への感謝と集まった合計金額、なんと£750!!!そして参加者にとっては合計金額よりも重要なラッフルの当選者の発表。下書きを再びマイケルに添削してもらい、11時直前に送信。

その数分後、私のメールボックスは「当たったーーーっっ!!!」という喜びのメールが10通以上も届き、職場にはラッフルの商品を求めて人々が集まってきた。

・・・こいつら、やっぱりメールの中身なんて読んじゃいね~。

11時からミーティングがあったので、メールの文中に「11時半以降にいらしてね!」と書いたのに、このザマ。同じチームでミーティングに参加する人まで商品受け取りの列に並んでいる。もう11時を過ぎているというのに…ということで、あとは同じ職場のマイケルに任せ、私はミーティングへ。

ラッフルなんて興味なさそうだった同僚たち(別部署の知らない人たちも含む)が、思い切り興奮しながら集まってきた様子に、ちょっと嬉しくなった。その日の午後は「なんか当たった?」というのが合言葉になるほどあちこちでその話で持ちきりだった。カスタードクリーム大好きというある同僚は、運良くカスタードクリーム味のキットカットが当たり、すぐにツイッターで「僕の夢がかなった!」と報告。おにぎりせんべいが当たった別の同僚からは、「なにこれ!めちゃくちゃ美味しいんだけど!これ、どこで買えるの?」と質問のメール。2袋用意していたミルキーに3人から「当たった!」というメールが。誰かが間違っている…3人に、ラッフルチケットの番号と色(チケット販売に4色のチケットを使用したので)をもう一度確認してもらうよう返信。そのうちのひとりから、「ちくしょーっ!色を確認してなかった!!!」と彼のぬか喜びと落胆が手に取るようにわかるメールが届いたり。

実はある同僚に影で、「こんなしょうもない商品のラッフルなんて、誰も興味を示すわけがない。ラッフルを成功させたいのなら、それなりの値段で価値のあるものを商品にしなくてはいけない。俺が選べる立場なら、もうちょっとマシな物を商品にするのに」という心無いことを言われていたのも知っていた。募金の3日間に毎日送付した報告メールに関しても、「こんなスパム、送るべきではないと言っているのに、俺の説明がわからないんだ?」と目の前で舌打ちされたりもした。(←こんな失礼な態度を取る人、うちの職場には基本的にいません。彼は一般的には“いい人”で通っているからたちが悪い!)でも、これが証明になったはず。それにこれはあくまでチャリティー。商品ほしさにチケットを買う人なんてそもそもいないだろうに。

発案から実行まで約1ヶ月。手伝ってくれた3人と協力してくれた職場の人々に心からの感謝と共に、被災されている人々の生活が一日も早く改善されますように。今回の災害は、今感心がある時期だけ動けばいいという規模をはるかに越えている。私も少しずつではありますが、引き続き募金を続けたいと思います。
スポンサーサイト
2011.06.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/251-3d81f8be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。