ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
猫は自分勝手。
猫は人ではなく、家に就く。
猫は・・・


と言いますよね。
わたくしもそんなイメージでした、ディーバさんが家にやって来るまでは。

でも、例えば自分が体調不良で仕事を休んで昼ごろまでベッドでゴロゴロしているとき、ディーバさんは常に一緒にベッドに居るのです。例え夜の間一緒に寝ていなくても、いつの間にかやって来て私が起き上がり部屋を移動するまでじっと一緒にいます。餌の催促なんて一切しません。ただそこにいるんです。

例えば風邪で3日くらい休んでも、毎日3日間一緒にいます。
でもこの時は、普段なかなか一緒の時間が取れないから、ここぞとばかりに一緒にいようとしているのかも、と思っておりました。でも、特に体の不調などないいつもの週末、昼間に家にいると常に一緒にいるかというと、決してそうではないのです。


それが今回は状況が違います。3日じゃなくて、もう3ヶ月目。
ディーバさん、私が体調が悪くてベッドに居る間は、それが例え夕方4時まで続いても一緒にいてくれます。
気分が少し良くなって階下に降りていこうとすると、初めて一緒に部屋を出ます。体調が思わしくなく、階下で軽く食事をとってベッドに戻ると、彼女も一緒に戻ってきます。

もちろん個々の性格にも寄るのでしょうが、猫って意外に忠誠なんだと感心させられます。
そして彼女の忠誠心や優しさに助けられているのが、紛れも無くわたくしなわけで。彼女の存在に、本当にどれだけ助けられているか。

動物の存在って、本当にありがたいもんです。

divaonpillow
スポンサーサイト
2011.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/261-16378d8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。