ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
gorodiva


最近、ディーバさんはペットを飼い始めたんです。そのペットが、どういうわけかあたくしのことを好きすぎて困っているんですよ。


・・・・ノミです。

もう既に軽く200カ所以上刺されてます。なんだか口調が自慢げのように聞こえるかもしれませんが、自慢じゃありません(当たり前)。ノミに200カ所も刺されるなんて!しかも私だけ!!!

一緒に生活している義父デイブはまったくもって刺されません。たまにシェフィールドから帰ってくる旦那のニックは、一緒のベッドで寝ても刺されません。私の足には新たな噛み痕が数カ所。

私の血?アジア人の血が欲しいのかしら?
というのも、日本に住んでいた時、ニックがやたらと蚊に刺されていたんです。O型は刺されやすいといいますが、実は私もニックも彼の血液型を知らないのでわからず。仮にO型だったとしても、「一晩でこれ、噛まれすぎでしょ!?」と突っ込まざるをえないくらいの箇所を刺されていたのです。だから、イギリスのノミも普段味わえない日本人の血に人気が集まるのかしら・・・とまたしょうもないことをかなり真剣に考えて止まらなくなったり。


いくら大事なディーバ様が飼っているペットとはいえ、やはりここはしっかり対処しなければなのです(キリッ!)。

そこでまずは、ディーバ様ように「ノミ取りコーム(櫛)」を購入しといてみると、んまーーーいるわいるわ。毛足の長いディーバ様のお体は、隠れたい放題。こんなにいたとは!さらには液体のスポットを。日本でもよく使われている『フロントライン』を使用。

・・・・・

効き目があまり高くない様子。
一方的に噛まれ続けるおゆり。

櫛でのブラッシング(櫛でブラッシングってなんか間違ってるような気もするけど、ま、気にするな!)を毎日続ける。フロントライン後は、ノミの数は確実に減ったような。でも一匹でもいてもらっては困るのよ。

次に登場したのは、ノミ・スプレー。
家具やカーペットに使用するもの。ノミって動物だけじゃなくて、布製品の中でも生活できるのね・・・。知らなかった。

そして使用してみると、ベッドカバーにたまにノミの死骸を発見するように。使用前はこんなことなかったので、効いているということか。ただ、最終的に死滅するようだけど、そこに至るまでの間にまだまだ噛み付いてくださるので、おゆりの足には今もかゆみが続いております。


というか、これまでディーバさんにノミの問題って無かったのよ。引越し前はそれこそ草原を走り回っていたのに比べ、引越し後はほとんど外に出ることがなくなったというのに。

デイブ曰く、「家が温かいからではないか?」とのこと。

これまで住んでいたファームハウスは、家の中でも行きが白くなるくらい寒かったのですが、今の家は温かいのです。だからノミも生存しやすいのでは、とのこと。

この理論があっているかどうかはわかりませんが、なんだか納得できそうな話ですわ。

でも液体の薬とスプレー以外に対処方法はあるのかしら?
どなたかご存知のかた、情報お待ちしております。
スポンサーサイト
2011.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/262-93d31233
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。