ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日からイギリスのChannel4(チャンネル4)をいう局で始まった2つの番組。

『How To Cook Like Heston』
ヘストン(Heston)というのは、イギリスでは有名なシェフなのですが、私はどうもこれまで苦手だったのです。

まず、見た目。
Heston

ね? アクの強さがにじみ出てるでしょ?

そしてカレの料理。
Hestonfood1

hestonfood2

・・・・。
ツッコミ待ちみたいな料理(?)でしょ?

この風変わり(すぎる)ところが苦手だったのだけど、今日はカレの番組のあとに放送される『The Fabulous Bake Brothers』を観てみたくて、なんとなくテレビをつけていたのです。

そしたら、あら?いつもカレの番組に登場する科学の実験のような様相じゃなくて、なんだか普通の料理番組っぽい?
おいしいステーキの焼き方。そしてどうしてその方法が適しているのかという科学的説明(ここは外せないらしい)。でもそれによって、理解しやすくて納得できる。

ちなみに、ステーキは煙が出るほど熱したフライパンで、何度も何度もひっくり返しながら焼くのがいいらしいですよ!そして焼いた後は、食べる前に5分ほど肉を休ませると肉汁が内側に閉じ込められて、ナイフを入れたときに無駄に流れ出ないとのこと!休ませたステーキと休ませないものとの肉汁流出量をしっかり実験しておりました。なんだか『試してガッテン!』みたいな感じかも。

その後も、チリ・コン・カーニ(メキシコ料理?イギリスではとっても家庭でも作られるほど一般的なメニュー。アメリカではチリ・コン・カンという人が多いような。)の作り方なども紹介されていて、いつものカレの番組と違う。

なんだ、普通の料理も作れるんじゃん、ヘストン。(何様?)

ステーキの焼き方を教えてもらっただけで、手のひらを返したわたくし。

いや、違うわよ。手のひらを返したのではなく、「苦手なもの(人)を受け入れた」のよ!
「ポジティブ振興委員会」、着々と活動中です。
スポンサーサイト
2012.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/267-d4a68386
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。