ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先程更新したヘストンの後にやっていたこの番組。

『The Fabulous Baker Brothers』。

どんな番組なのか全く知らなかったのですが、「ベイカー・ボーイズ」というのだからきっとパン屋さんか何かの話だろうと勝手に想像し、観てみようと思ったわけです。

わたくし、このブログの自己紹介(サイトの右側に記載)にも少し書きましたが、「食べ物が好き」ということをここ数年特に感じるようになりまして、料理番組をテレビでやっているとみてしまうんです。そして、最近気がついたこと。テレビで美味しそうな料理が出てくるのですが、最終的に出来上がってお皿に盛られた料理よりも、材料を切ったり混ぜたりしている過程が好きということに気がついたのです。卵を割って中から生卵が出てくるとか、粉と水が合わさって生地が出来上がって行くところとか。何なんでしょうね、このピンポイントな物の見方は。もちろん、食べるのも好きなんです。でも作っていく過程って、なんて美しいんだ!と。だから調理器具を見ているのも好きなんです。

ま、そんなことはどうでもいいですね。

そろそろ番組について。パン職人とお肉屋さんでシェフの兄弟(多分義兄弟?)の料理番組。パン屋とお肉屋さんはお隣さん同士。


ん?


なんか聞いたことあるわ、お肉屋さんとパン屋さんの組み合わせ。そして隣同士のお店。兄弟・・・。
そして彼らの顔をもう一度テレビで確認。

お肉屋さんのシェフのカレ、見たことがある気が・・・。

そこでChannel4のサイトへ行ってみた。
http://www.channel4.com/programmes/the-fabulous-baker-brothers

おお、やっぱり!
パン屋さんというのは、ブリストル界隈で有名な「Hobbs House Bakery」。
(サイトはこちら→http://www.hobbshousebakery.co.uk/ 最近つながりにくいことがありますが。)

ちょっと前に何かの記事で、このベーカリーがレストランと経営していて、そのシェフとパン屋さんは兄弟同士であると読んだことを思い出した。このパン屋さん、コッツウォルズ地方に幾つかお店を構えており、ブリストル市内では幾つかのカフェで取引があり購入できるよう。テレビに映し出されたパン屋さんとおにくやさんが隣同士のこの映像。Chipping Sodbury(チッピング・ソドベリー)!!!

Chipping Sodburyというのは小さな町の名前で、昔マーケットが栄えた場所で、コッツウォルズの一部。さすがに小さな町なので、観光客はほとんどいませんが。今も個人経営のお店が軒を連ねる町で、すごく小さいけど気が向くと足を運んでしまう場所。多い時は週に1回とか。というのも、家から車で5分だから!またこのパン屋さんのパン工場もこの町にあるので、Chiping Sodburyは彼らの拠点なのかもしれません。

そして、半年ほど前にお肉を買いにこのお肉屋さんを初めて訪れ、その時にお肉をスライスしてくれたのがたぶんこの彼だったのです。目と口元がすごく印象的だったので、ずっとその彼の顔を覚えていたのです。


と、ここまでパン屋さんの話をしていながら・・・実はHobbsのパン、食べたことありません。
興味はあったんです。昨日も家のパンが切れそうだったので、ニックと「Hobbsのパンを試してみよう」と言っていたところ。でもなぜ今まで試さずにいたかというと、イギリスのパンって日本のパンと違って、モソモソで甘みがなくて・・・私好みではないんです。美味しくないわけではないのだけど、そのパンを一斤全部食べられるかというと・・・。なのでずっと躊躇していたんですよ。でも、買ってみます。購入してみますわ!

あ、そうそう、番組の内容はと言いますと、パンづくりやお肉を使ったレシピの紹介でした。来週も続くようなので楽しみです。

あと、これはChipping Sodburyについての追加情報ですが、ここに『The Hamptons』というデリがあります。こちら、カフェとしても利用でき、ここのケーキ、悪く無いです。イギリスのケーキって、基本的にバター・小麦粉・砂糖がどっさり入ったものすごく甘くて重い物が多いのですが、ここのケーキはもう少し繊細さがあって、日本人でも満足できる味です。中にはやはり甘みの強いものもあるようですが(たしかレモンメレンゲパイは甘かった、と日本人の知り合いに聞きました)。土曜日はランチのお客さんでも賑わっています。こちらのランチもいつか試してみなければ!

そして、このデリの接客、特に経営者と思われる方の接客はとても気持ちが良いです。イギリスではフレンドリーな接客って珍しいので、非常に嬉しくなります。このデリに限らず、個人経営の酒屋さん、友人の出産祝いをいつも買いに行くベビー用品店の店主たちも、すごくフレンドリーです。

Chipping Sodburyって、本当に小さな町で、ブリストルの市街地とは違って殆どの人には車がないと行けないようなところです。それでも個人経営のお店がたくさんあり、週末はいつも賑わっています。平日も上記したカフェは結構人が入っていますし。立地に恵まれているわけでもないのに、商店街として頑張っているこの町、とても居心地がよく好きです。観光には小さすぎますが、ブリストル近郊に住んでいる方にはちょっと足をのばすのにいい場所かもしれません。

と、さいごはChipping Sodburyの宣伝になってしまいましたが、このへんで。
スポンサーサイト
2012.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/268-3e027e50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。