ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨年12月27日にインドに旅立った義父デイブ。もう3週間近く経つけど、音沙汰なし。2~3日ごとに街から街へと移動しているようなので、インターネットカフェを見つけてメール、というのもなかなか難しいのかも。きっと旅を存分に楽しんでいるのでしょう。



さて、マッサージの続きです。


サラが仕事を変え、その後再びマッサージ難民に。サラの紹介で、同じ町内のセラピストを紹介してもらった。家から車で5分の場所にある一軒家で、自宅の一室をサロンとして運営している所。

セラピストのジュリーは、年の頃50代半ば?といった所…いや、イギリス人の年齢って、わかりにくいので本当はもっと若いかもしれないですけど。彼女はかなり長いことセラピストとしてのビジネスをしているようで、知識も豊富。彼女の家の玄関に経つと、ラベンダーの精油の香りが。多分家の中にこの香りが染み込んでいるんでしょう。

大抵マッサージをしてもらう時は、簡単な質問に答えるために問診票のようなものを書き込みます。これまでの病気や手術、アレルギー、薬の服用の有無など。そして具体的にどこが凝っているか、どこを中心にマッサージをして欲しいかという事をセラピストと話しながら、状況に適したマッサージを見つけ出します。

一日8時間。2台のパソコンを使用しながら仕事をし、1時間半の車の運転のため、私の肩は常に凝っている状態であること。そして気分的なリラックスも欲しいので、アロマセラピーマッサージが好みであることをジュリーに伝えた。そこで彼女が提案したのは、コンピューターを使う人に多く見られる肩こり、腰痛に効果のあるマッサージ。日本でもクイック・マッサージや指圧のお店で見られる、椅子に座った状態で行える物。

サラのアロマセラピーを心底気に入っており、また彼女から「ジュリーは寒い時には電気で温められるマッサージベッドを持っているから、きっと気持ちいいわよ!」と聞いていたので、ちょっと期待はずれな気持ちになった。でも、物は試しと受けて見ることに。



マッサージは気持ちが良かった。また、ジュリーはアロマオイルにも関しても知識が豊富なようで、その日によっていろんな精油をブレンドし、香りでも楽しめた。マッサージ後はいつも肩のコリが軽くなり、呼吸もしやすくなった。

しかし…、私は首の凝りも酷く、これが原因で頭痛になったりするのですが、ジュリーの施行では首は撫でる程度。一番重点的にやってほしい部分が素通り。そして約30分の椅子に座っての施行は、やはりちょっと物足りない。

そこでやはりベッドでのアロマセラピーが好みであること、また首の凝りも酷いということを伝えたが、「パソコンによる凝りにはこの椅子のマッサージが一番適しているのよ」と聞く耳持たない…。

また、夕方以降も予約を受け付けてくれるのだけど、5時以降の予約はプラス£5。わかるけど…全く同じ内容のマッサージで£5の違いって結構大きいよなぁ、とちょっと不満。もちろんサラのマッサージの値段は、かなり破格であったのは認めるけど、その半分の時間(30分。サラは大抵1時間だった)で値段は同じ。5時以降は£30も払わなければならないとなると、やはり考えてしまう。また、ジュリーとの時間が合わず、なかなか予約を入れられないことも多かった。

3~4回ほどジュリーにはお世話になったが、マッサージ後にも取れない首の凝り、満足度の低さ、値段から次第に足が遠ざかってしまった。



マッサージ難民、ふりだしに戻る…。



再びネットで検索の日々。凝りが酷く、頭痛や吐き気、更には気持ちまで塞がってくる程なので、とにかく色々と試して見ることにした。病院に行きフィジオセラピー(理学療法)を受けられるよう登録。待つこと3ヶ月(やっぱり長い…)。ここに2回ほど通ってみたが、ここで教えてもらえるのは肩こり解消用のエクササイズ。というか、エクササイズやヨガなど凝り防止のための運動はそれなりにやっていてもこの調子なので、正直なんの解決にもならず。



凝りが根深いので、リラックスではなく凝りをしっかりほぐすことが重要では?とスポーツマッサージの医院にも行ってみた。こちらもオイルを使って筋肉を解していくことには変わらないのだけど、アロマセラピーのような精神的な満足度が低く、こちらも1回のみ。



次に試したのは、再びビューティーサロン的なお店。このお店に決めたのは、まず値段。ジュリーの設定値段よりも、スポーツマッサージよりも若干安い。予約可能日をネットで検索・予約可。セラピストも選べる。また、仕事後でも追加料金を払うこと無く施行を受けられることだった。また、このお店のサイトには、お客からのフィードバックが掲載されていて、サラのサイトと同様に安心感を得られた。


初めてお店へ。この日施工してくれたのは、経営者のクレアだった。同い年くらい、もしくは少し年上だろうか。一見おとなしそうだが、芯の強そうな女性だった。ここで受けたのは、アロマセラピーマッサージ。前にも書いたけど、ビューティーサロンのようなお店でアロマセラピーというと、精油を使ってはくれるけど、マッサージと言うよりは皮膚の表面を撫でているだけのようなことも多いのだが、クレアの施行は適度に力強く快適だった。

その後このお店にしばらく通うことに。ただ、接客も悪いわけではないのだけど良いとも言えず、クレアは経営者だけに指名も多いようでなかなか捕まらない。その時は別の人にお願いしてみたのだけど、内2人は彼女らの指の爪が背中に当たり気になることも。とにかくセラピストによって技術力の差が非常に大きい。同じサロンを利用した友人も、「爪が背中に当たる感じが気になる」と言っていたので、私だけでは無かったのだろう。またアロマセラピーに使用するオイルが、サラヤジュリーが使っていたものとかなり違っていて、香りによるリラックス効果が若干低め。

自分のマッサージに求める要求が高くなってきていることも確かなのだけど、やはりそれなりのお金を払うのだし、心身ともにリラックスすることを求めているので妥協は出来ず。どうしても疲れて仕方がない時は、このサロンに予約を入れていたのだけど、やはりまた足が遠のき始めた。
スポンサーサイト
2012.01.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/271-7eef2c1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。