ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、Facebookに投稿したエピソードに思いの外反応が大きかったので、ここに再掲載しておきたいと思います。

-----------------------------------------------
sasya-greentea


先日、最近少し準備を手伝っていた新しくオープンするあるレストランに、日本からのおみやげ(紗々の抹茶味)を持って行ったら、そこにいたスタッフが各1枚ずつ計3枚ほど食べ、残りをガラス製のジャーに・・・

残りを売り物にするために!

しかもよってたかって、「1枚いくらがいいと思う?50ペンスくらい?50じゃ安いよね。」と値段設定まで私に相談。

もうね。これがカルチャー・ギャップというものでしょうか。
ちなみにそこには中国人、フィリピン人、韓国人、タイ人。私以外は、みな「なんていいアイデアなの!」と興奮気味。その状況下では、このアイデアに賛同しない私が間違っているかのような錯覚に陥りそうになるくらい、あたくし、完全マイノリティ。

その後家族や友人(皆イギリス人)に状況を話し、皆の驚きの反応を見てやっと、「そうよね、私、間違ってないわよね」とやっともののつかえがとれた気になりましたとさ。

あー、もう。異文化ってやつは。

-----------------------------------------------------------------


中には、「実はあまり彼女たちの口に合わなかったんじゃない?」という声もあったのですが、それは無いです(断言)。というのもこれは日本食のレストランで、レジ前の一角に日本のお菓子を置いて個別販売をするという予定があったのです。だからそのためのガラスのジャーもすでに用意されていたという。さらに食べたお三方、「やっぱり日本のお菓子って繊細で美味しいよね!」とご満悦。


この投稿に、日本の友人から「信じられない!」という反応があるだろうなということは少し予想できたのだけど、驚くことにイギリス人はじめ、アメリカ人、オーストラリア人からも「あり得ない!」という反応が。

どうして私がイギリス人たちの反応に驚いたかというと…これはまた、このレストランでの出来事とは異なるトピックとなるので、次回に分けます!
スポンサーサイト
2013.01.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/285-7bd76b6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。