ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今年の1月下旬からはじめた仕事探しは、4月半ばまで続くことになった。

私が住んでいる地域は牧場に囲まれたところで、この近くで仕事を探すのは難しい。ここから一番近くて仕事がありそうな場所というと、Yate(イェイト)地区。ここにはスーパーマーケットのテスコ(Tesco)モリソンズ(Morrisons)のほか、100軒以上のさまざまなお店が集まったショッピングセンターがある。このYateまで車で10分ほど。しかし、車がない。バスを利用することもできるのだが、バス代はべらぼうに高い。往復6ポンド以上。日本円に換算すると1,300円くらい。時給が5~6ポンド前後の仕事がほとんどで、その時給よりも高い。フルタイムの仕事ならいいが、パートタイムだったらやってられない。何度か足を運んでみたけれど、仕事もなさそう…。

ブリストルの街中までは、車で20分。高速を利用。同じく私が使える車はないのでバスでということになるが、バス代は約6ポンド・・・車で10分のYateに行くのと同じ料金!ほかの都市はわからないけど、ブリストルのバス代のシステムには本当に首を傾げたくなる。

仕事探しのために街中まで4~5回足を運んだと思う。このときは旦那に車で乗せていってもらったけど、駐車料金がかかる。何事もお金がかかる。

・スターバックス
・地元のカフェ
・レストラン
・・・

CVを何枚か持参して行って、募集の張り紙があるところには飛び込みで入って応募したり、スタッフに直接仕事の募集があるかを尋ねたり。親切に対応してくれる人がほとんどだけど、中には小ばかにしたような態度をとる人だっている。ただでさえなれない海外での就職活動。やりあえるほどの英語力があるわけでもない。失礼な態度をとられると、普段なら頭に来て「もうこんな店来ない!」と怒りを感じることができるのだけど、弱っている時は怒るどころか萎縮してしまう。普通に言えるはずの簡単な会話まで口から出てこなくなる始末。

日本からイギリスに来て3ヶ月目にはいった時期。日ごろの鬱憤からかホームシックもひどくなり始めた。焦っても仕方がないことは重々承知なのだけど、どうしたって気持ちが先走ってしまう。そして自分ではどうにもできない状況に落ち込むばかり。気分転換をしようにも外は極寒。家にこもってインターネットもできない(パソコン壊れてました)し、とにかく2月は辛かったです。
スポンサーサイト
2008.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/29-7149ada5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。