ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の日記をアップした数分後、停電になりました。原因は雷。昼間は良いお天気だったのだけど、どこか湿気を含んで怪しい感じはあった。夜9時前に突然の嵐。

私とルーニーは、先週ブリストルのコリアン・ショップで手に入れた「どんべい」(インスタントのうどん)を食べていた。突然真っ暗に。それでも食べ続ける。

実は停電は二度目。慣れました。
前回の話はまた今度。

手早く家にあるロウソクに火をつけ、また食べる。すると旦那の携帯がなった。もう、誰だかわかる。近所に住む旦那の友達、リッチに違いない。

「おれのX-BOXが壊れた・・・」

どうもゲームの最中に停電になったらしく、しかも原因は雷なのでかなりの電気量が一気に流れてゲームが壊れたらしい。二人は子供のころからの友達で、家も近所で、ゲーマー。夜も仕事の後、インターネットを通じてゲームをしている。そう、ゲームが壊れたとはリッチとうちのルーニーには一大事。停電云々よりも大事だ。私にはどうでもいいのだけど。

その後ルーニー一家+義父のガールフレンドは車で15分ほどの町、Chipping Sodbury(チッピングソドベリー・・・スペルが怪しい)のパブへ。大雨+雷の中を、です。これにも驚きますが、驚いているのは私だけ。車中、うちの近所は真っ暗。ロウソクの明かりがちらほら。しかしYateやChipping Sodburyは停電を免れた様子。

私とルーニーは1杯のんで一足先に帰宅。もちろん電気は来てません。

あの嵐から1時間。雨も雷もやみましたが、遠くで空が光っています。街中では難しいでしょうが、うちの近くには高い建物もなく、地形も平らなのでかなり遠くの空まで見渡せるのです。1時間後遠くまで移動した雷雲を見ながら、私は就寝。


そして今日。午前中はまだ電気は回復しておらず。私とルーニーは義母の家へ。車で15分のFranchay地域も停電はなかった様子。午後をのんびりと過ごして夕方6時に帰宅。電力会社の車がありました。
e-on


夕方4時に電気は回復したとのこと。「ありがとう」とスタッフにお礼をいい、現在私はパソコンを、旦那はx-BOXで遊んでいます。

日本だったらもっと早く電気も回復するのでしょうが。でも、これも悪くないです。
スポンサーサイト
2008.05.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/41-c4eab8cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。