ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
仕事を始めて2日目にオリエンテーションがありました・・・といっても社内を案内してもらい、会社の決まりやいろんな事柄を教えてもらう1時間。同じ時期に入社した別の部署の女性と二人、受付のクレアに案内されて社内を歩き回ります。

私が働いている会社には食堂はありませんが、3つの建物それぞれに簡単なキッチンがあります。コンロが設置されているところも一箇所。近所にテスコ(イギリスの大型スーパー)があるので、そこで食材を調達し、調理する人もけっこういます。私がいる建物にはコンロはありませんが、何人かは買ってきた食材でサンドイッチを作ったり。それぞれに冷蔵庫があり、中はそれらの食材でいっぱい。冷凍庫はメインオフィスに。

「冷凍庫はここよ。ほら、夏にはアイスクリーム食べたいでしょ?そのときはここを使ってね」

日本の会社にだって冷蔵庫はあるけど、夏のアイスクリームの心配までしてくれるなんて!おゆり、感激です。

「冷蔵庫に入っている牛乳はタダだから、好きなだけ使ってね。それからこの自動販売機もタダ。こっちのお菓子の自販はお金が必要だけどね」

自動販売機には、オレンジジュース(100%じゃないやつ)、レモネード、コーヒー、紅茶、ココア・・・。冷蔵庫には牛乳パックがひしめいています。日本にいるときに何かの雑誌で、マイクロソフト社は社内の自動販売機(ペプシとか)は無料・・・という記事を読んで驚いた覚えがありましたが。そうか、この会社もそうなのか!

「それから配達物も受付で受け取って、管理しておくことが出来るのよ。たとえばアマゾンや通販で何か買っても、昼間はここのオフィスにいるから家では受け取れないでしょ?だからこの会社に配達してもらえば、私たち(受付)が受け取れるし保管しておくから大丈夫よ」


ほかにも、びっくりはたくさん。

目が悪くなりめがねの買い替えが必要になったとき。IT系の会社だから、どうしてもパソコンとにらめっこしなければならないし、目には多大な負担がかかるのも仕方がないもの。でもそれは仕事のための結果。こういうときは、会社がめがねの買い替え金額の一部を負担してくれるらしい。

また座りっぱなしの状態が多いので、腰や手首(パソコン使うとき)の負担を軽減するためのクッションなども、必要ならすぐに用意するとのこと。

もうね、本当に感激いたしました。社員の働きやすい環境つくりを、本気で考えているというところに。イギリスのほかの会社は知らないけど、ここまでしてくれるのってなかなかないんじゃないかな。
スポンサーサイト
2008.05.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/44-11380519
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。