ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
イギリスでサッカーが人気があるのは誰もが知っているけど、それはプレミア・リーグのこと。先日モスクワで行われたチャンピオンズ・リーグの決勝に進んだ2チームは、どちらもイングランドのプレミア・リーグに在籍する有名チームのマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーだった。

日本でも成績が悪ければJ1からJ2に降格、成績のよかったチームはJ1に昇格できるように、プレミアリーグから降格するチームもあれば昇格するチームもある。プレミア・リーグに在籍しているかそうでないかは雲泥の差で、チームが獲得する金額ももちろん変わってくる。プレミアリーグに在籍できれば、選手たちの収入や設備投資にも莫大なお金が動くし、そして何より市民の関心が高まる。

昨日土曜日、ブリストルのフットボールチーム『Bristol City FC』はプレミアリーグ昇格をかけて、ロンドンのウェンブリースタジアムで試合を行った。ウェンブリースタジアムというと、日本で言うと国立競技場(今は名前違うんだっけ?)見たいな感じかな。もっとでかいけど。そのチケットは完売。ブリストルからも多くのサポーターがウェンブリーへ。

bristolcityfc

普段サッカーに興味のない人にとっても、地元クラブがプレミアリーグに昇格するかも!?と言うのは無視できない関心ごと。土曜日に発売された新聞の表紙は、ブリストル出身のコメディアンがBristolCityFCのユニフォームを着ていた。義母も「私も本当はロンドンに行きたかった」と言っていた。普段サッカーを見ることはない義母にとっても、これは一大事。

しかし結果は・・・0-1。残念ながらプレミアリーグ昇格ならず。
bristolcityfc2

本当に残念。街にとっても、「プレミアリーグに在籍しているチームがある」というのはとても名誉なことで誇らしいこと。街に活気が出るしね。選手にとっても待遇がまったく変わってくる。来年、がんばってほしいなぁ。


しかしうちのルーニーはというと・・・まったくの無関心。試合があったことも、これに勝てばプレミア昇格ということも知らなかった男。実は私も義母に聞いて試合があったことを知った程度・・・(ごめんなさい)。興味のない人にはほんとにどうでもいいことなのです。たぶん我が家では、ルーニーよりも義父よりも、私のサッカーへの関心のほうが高いと思います。いや、絶対に高いです。
スポンサーサイト
2008.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/51-22cde7a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。