ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
金曜日は、朝ものすごく寒くて、会社に行くときは長袖のTシャツに冬物のウールのコートを着て出かけた。昼間はそれなりに暖かくなる日もあるのだけど、なかなか半そでで外出するまでには至らない(私は冷え性)。しかし、今週末は土日ともいい天気。それでも土曜日は、日差しは暖かくても風は冷たかったので、やっぱり上着が必要。

しかし久々のいいお天気。これを逃してはもったいない。と言うことで、土曜日のお昼は庭でバーベキュー。ルーニー、義父のデイブ、彼女のジャッキーと私の4人でソーセージを炭火焼にし、パンにはさんで食べました。やっぱり外で食べるとおいしい!

bbqatfarm
写真は前回のものなのだけど、イメージ的にはこんな感じ。

そして夕方には義母Mumの家へ。たいてい土曜日の夕食はMumの家でいただきます。彼氏のスティーブは表でなにやら作業中。お隣のひとと溶接をしてます。一体・・・。

その日の夕食は私のお気に入り、Mum特製のラザニア・・・のはずが作業を終えたスティーブとお隣さんとともに再びバーベキューをすることに。作ったラザニア、サラダはそのままお隣のお庭へ。

バーベキュー開始は夜7時半。現在イギリスは夜9時半ごろまではとっても明るいので、夕ご飯にバーベキューもよくあること。お隣さんが焼いてくれたハンバーガーのパテや鶏肉は見事に真っ黒。ほとんどのイギリス人は、ステーキなどお肉を食べるとき「ウェルダン」を注文します。そう、中の仲間でよーく焼けているお肉。レアを頼む人はほとんどいません。だから、日本人の私から見れば明らかに「焼きすぎ」なのだけど、それがいいらしい。それでもこの真っ黒加減はイギリス人的にもやや行きすぎだったようで、スティーブは

「ナイス チャコール」(いい墨だね)

と一言皮肉(もちろん冗談です)をいい、パクリ。ということで、この日は一日2回のバーベキューでした。
スポンサーサイト
2008.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://oyuri3.blog52.fc2.com/tb.php/57-058074ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。