ブリストルからロンドン近郊へ引っ越しました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私が働いていたカフェは、ウェールズ、イギリス南西部を中心に展開しているチェーン店で、特に親会社が変わった数年前から新店舗のオープンラッシュ。正直、何かに取り憑かれているのかと思うほど…それはもう驚異的な勢いで、それは全盛期のスターバックスのような。出店スピードは、年に10~15軒。さらに、新規のお店はどれもこれもとにかくでかい。

ブリストル、グロスターロード沿いのカフェで働くこと5ヶ月。そんな時に、私が住む地域にも出店することが決まった。実は、私の家から働いていたカフェまでは30分の車通勤をしていたのですが、新しい店舗なら車で5分。それまでのお店は規模も、お客さんのキャラクターも大好きだったのですが、通勤時間、営業時間、更にガソリン代などを考えると近所に移動するのが最良ではと思い、移動願いを出すことに。


その後、2013年1月後半から新店舗へ移動。

勤務初日より、これまでのお店との違いに予想以上のショックを受ける。もちろん、ロケーションも違うので、地域住人のタイプも違うので、それは予想していたことなのだけど…こんなにも違うのか?という強烈な驚き。


まず、具体的な違いはというと…

①お店の大きさ
このチェーン店が最近多く展開しているのは、郊外型の店舗。街の中心ではなく、住宅地に近い場所。ターゲットとなるお客は、1人やカップルよりは、家族、友達グループ。だからなのか、とにかくでかい。本当にでかい。カフェと言う枠をすでに超えている広さ。

②店員
皆イギリス人。外国人は私のみ。

③顧客
ほぼイギリス人で、98%くらいは白人。立地柄、コッツウォルズ地方にも入る場所なので、それら地域に住んでいる人々=それなりにお金持ち。

④ロケーション
コッツウォルズの一角。昔ながらの趣きのある町並み。有名パン屋や、アンティークマーケットなども開催される町。田舎。平日は、人影はまばら。週末のイベント時には、駐車スペースが見つからないほど。


勤務初日は平日だったので、とにかくヒマ。暇な日でもそれなりにバタバタしていたグロスターロードのお店と雲泥の差。ただ、1ヶ月前(2012年のクリスマス前)にオープンしたばかりだったのと、上記のようにその通り自体に平日は人が少ないことなどもあり、これに関しては納得。


それが、週末になると同じお店とは思えないほどの忙しさ。それに地域のイベントなどが重なると、忙しいというレベルでは済まされない程。

-レジ前は、酷い時は入口付近まで(約20メートル)続く行列。

-さらに皆家族連れ、もしくはグループ。その為、一人のお客様からの注文がドリンク5杯、さらにお昼前後だとこれにパニーニなどの食事が追加。次のお客さんも、ドリンク6杯…これが延々と続く。



スターバックスなどのお店に行ったことのある方ならわかるかと思いますが、例えばエスプレッソを利用した飲み物、カフェラテとかカプチーノとかって、注文して提供されるまでに意外と時間がかかりますよね。実は、単純計算で、1杯のドリンク(エスプレッソ+ミルク)を作るのには最低でも55秒かかります。


その内訳です。↓

・飲み物をレジにて注文。バリスタと呼ばれる、エスプレッソマシンを使ってコーヒーを淹れる人に注文を伝えます。

・注文が来たら、エスプレッソを入れるための豆を挽きます。一杯分のエスプレッソ(2ショット)の豆を挽くのにかかる時間が、最低約7秒。その前に、挽いた豆を受け取るためにハンドルをグラインダー(豆を挽く機械)にセットしなければいけないので、この間で最低でも10秒以上かかります。
この作業を終えたのが以下の状態。

handle
* www.shutterstock.com/より拝借


・上の写真の状態から、専用器具で豆の表面を圧力を加えて均し、やっとエスプレッソマシンに設置。ここで最低6秒。

・設置後するに抽出ボタンを押し、カップにエスプレッソを抽出します。これに、最低25秒。これ以下だと美味しくないのです。

・抽出ボタンを押すとすぐに、ミルクを温める作業に入ります。ピッチャーと呼ばれる専用容器に、注文されたドリンクのサイズに合わせた容量のミルクを注ぎ、スチームの力でそれを温め、必要によりなめらかな泡(フォーム)も作ります。通常のサイズなら、エスプレッソ抽出が終わるとすぐにミルクの温め作業を終わることができます…が、すぐにミルクを注ぐわけには行かないのです。

・温めたばかりのミルクは泡の状態が荒いので、まずこれを滑らかな状態にしなければいけません。ピッチャーのそこをテーブルに叩きつけて荒い泡を潰し、さらにピッチャーを揺すり中のミルクを回流させ泡のキメを細かくする作業をします。これに…6秒くらいでしょうか。

・やっとカップにミルクを注ぎます!でも…カプチーノなら、滑らかな泡を堪能してもらうために泡多め、カフェラテなどなら表面に綺麗な模様を描くこともあるため(出来ればですが…)ちょっと神経使います。仕上げのココアパウダーなりシナモンなりを振って完成までに、最低8秒。

そしてやっとお客さんに提供。


具体的な数字は、すべての動作において最低かかる時間です。合計は、ざっと55秒。



もちろん、提供時間を短縮する努力はしています。

大抵のカフェにおいてあるエスプレッソマシーンは、1台につきエスプレッソの抽出口が2つはついています。さらに忙しい時は作業を分担し、例えばカフェラテ4杯の注文のときは1人がエスプレッソの抽出作業にとりかかり、もう一人が一気に4杯分のミルクの撹拌をするということもします。その分担作業が出来れば「4杯✕55秒=約3分半」ではなく、最短で2分半くらいにはできると思います。

逆に言えば、それでも2分半は掛かるわけです。


更にいうと、4人が同じカフェラテを注文することのほうが少ない!中にはミルクじゃなくて豆乳にしてほしいという人。スキムミルクにしてという人。そうすると、ミルクの撹拌も個別にしなくてはならない。もしくは、エスプレッソのドリンクではなく、もっと時間のかかるスムージーなどの注文だってあるわけです。

そうこうしていると、どんなに分担作業をしたって注文が溜まってきます。そうすれば自ずと提供までにかかる時間だって長引くわけです。



もちろんお客さんにしてみたら、コーヒー一杯になんでこんなに時間がかかるんだ…と。その列が20メートルも続いていたら、実際に何十分と待たされるわけです。そりゃイライラするってもんです。

「なんでこんなに時間がかかるのよ!?もう30分も待ってるのよ。普段はこんなことないじゃない!!なにチンタラやってんのよ!!!」と言われてもね、私達にはどうにもできないわけです。私達だって、わざとのんびりやってるわけではないんですもの。


でもね、やっぱりこの状況、異常でしょ?

だって、カフェですよ??

カフェって、のんびりコーヒー飲んでくつろぐところじゃないですか?



誤解されないように言いますが、決して長い行列を作ってるお客さんを責めているわけではないんです。むしろ、そんなに長い行列に並んででも待っていてくれるのは本当に有難い。ただ、個人的にはカフェで長い行列に並ぶなんて絶対にしませんけど。



そこで、私なりに考えてみたのです。どうしてこんな状況が起こるのか、と。


長くなったので更に続く!
2013.03.31 / Top↑
以前の会社をやめて、次の仕事に選んだのがカフェでした。


もう、カフェでの仕事しかしたくなかったのです。それは、大学時代からずっと好きで居続けたものだったからだと思います。また、日本でもカフェで働いたことが有り、その時はカフェの立ち上げ、メニュー開発などをしていたのですが、大変でも楽しかったのです。以前の仕事を、仕事内容以外の理由で辛いと思った分、今度は本当に好きな事しかやりたくなかったのです。また、オフィスでの仕事からしばらく遠ざかりたいという理由もありました。

ここで問題になるのは、どのカフェで働くかということ。
ブリストルはイギリスの中でもそこそこ大きな都市ですが、カフェが少ないのです。ここ数年でかなり数は増えましたが、まだまだ一般的というほどではない程度。その為ほとんどのカフェは、街の中心地に集中している状態。厳密に言うと、ブリストルにカフェが少ないと言うよりは、イギリスと言う国自体カフェが少ないと言ったほうが妥当です。ここ数年、15年前の日本のカフェブームのような状態がロンドンで起こり始めており、ブリストルでもそれが始まったばかり。もともとコーヒーより紅茶、紅茶よりもビールなお国柄。スターバックス初め、コーヒーチェーンはたくさんあれど、個人経営の美味しいコーヒーやカプチーノを飲めるカフェは本当に少なかったのです。仮に個人経営のカフェを見つけられたとしても、募集しているのはカフェでの経験が最低1年以上ある人ばかり。当たり前ですが、カフェだって即戦力がほしいわけです。


そうなると、個人経営のカフェは難しくなります。それが美味しいコーヒーを目玉としているところなら、経験があっても7~8年以上も前、しかもラテアートなどもできない私は完全に門前払いです。


だからといって、ボタンを押すだけで出来上がるカプチーノを提供しているような店では働きたくないという、全く技術がないにも関わらず断固とした決意はあり、そうなると未経験歓迎でコーヒートレーニングを受けられるところとなります。


また、カフェが好きで好きで、どこに行くにも観光地よりもカフェの情報収集ばかりしているような私には、やっぱりお店の雰囲気だったりサービスだってものすごく重要なわけです。


更に、郊外に住んでいる私には通勤の問題が有り、車で通えて駐車できるスペース(もしくは路駐)があり、さらに朝夕の渋滞に巻き込まれない場所であることも大切でした。


そのすべての条件を満たしてくれたのが、ブリストルのグロスター・ロードと言う通りにあったとあるチェーン店でした。


この地域、愛知県出身の私には、規模はだいぶ違いますが、名古屋の大須商店街に近い雰囲気を感じるのです。いろんなお店があっていろんな人達がいて、文化も人種もバラバラなのに混ざり合っている。スーツを着たビジネスマンもいれば、ドレッドヘアのヒッピーもいて、とにかく「なんでもいる」場所。ある種の懐かしさと新鮮さを感じる場所で、ここ以外にないと思いました。


タイミングよくこの店でパートの募集を見つけ、専用の申込用紙に記入後にそれを本社宛へ送信。前に何処かで書いたかもしれませんが、「カフェでのバイト」と一言でいっても、その競争率ったら日本の比ではありません。数週間前には、イギリスのノッティンガムという都市で、とあるカフェチェーンの店員5人の募集に1,700人もの応募があったというほど。イギリスも不況なのです。その為、この応募用紙への記入に3日間を費やしました。大学時代の氷河期の就職活動時よりも真剣に、熱烈に自己アピールしましたとも。


2週間後に面接の連絡があり、3週間後にはパートとして働けることとなりました。


ここの店には、結局6ヶ月お世話になりました。というのも、同じ系列のカフェが家から車で5分のところに出店したので、そこに移動させてもらったのです。


このグロスター・ロード沿いのお店でも、ありとあらゆる様々な経験をしました。悔しくて泣きながら帰ったこともありましたし(苦笑)、以前の会社とは違う意味で人間関係に悩んだり、はたまた国籍や人種の壁に頭を悩ませたりもありましたが、とにかくいろいろな意味でたくさんの事を学べました。そして何より、ここのカフェのお客さんたちが最高にいい!ほとんどは常連さんで、お客さんと店員は名前を覚えて呼び合うほど。お客さんにとっては、チェーン店と言うよりも独立した一つのカフェで、毎日同じ時間にやって来ては同じメニューを注文。世間話をして、じゃあまたねと送り出す。


また、このお店が他の支店と決定的に違うのは、ロケーションの良さのみならず、お店自体の大きさでした。チェーン店だけど居心地の良いカフェで在り続けられたのは、お店が大きすぎなかったこと。大き過ぎないからこそ、誰かがお店に出入りすればわかるので、すぐに声をかけられる。会計とコーヒーの提供が同時進行で同じカウンターから行われます。例えばスタバのように、流れ作業のようにレジで会計を済ませてからカウンターの端に移動して飲み物を受け取るのではなく、会計と商品の受取が同じ場所で行われるので、必然的にお客さんの顔も、注文や好みも覚えます。そうすると注文に時間を取られないので、コーヒーを作っている間に世間話が始まり、店員とお客だったのが、顔見知り、知り合い程度には変化していきます。子供が生まれた時はその報告に、クリスマスにはお店にカードを、自分の猫の自慢など、ただコーヒーを飲む場所と言うよりはそれよりも少し踏み込んだ関係性を作ることが可能でそれを楽しめた、すごく稀なお店だったと思います。
2013.03.04 / Top↑
昨年6月に、それまで足掛け4年間働いたあるIT企業を退社し、8月よりパートで働き始めました。仕事先は、とあるカフェ。

それまである程度収入の安定している会社員からカフェへの転職。収入が半分以下になることはもちろんわかっていたことですが、それでもどうしてもカフェで働きたかったのです。だからといってカフェで働きたいがために会社を辞めたわけではなく、辞職の直接の理由はもっと別にあるのですが、その後の仕事となった時にどうしても譲れなかったのがカフェの仕事でした。


どうしてカフェの仕事だったのか。

答えは簡単。
カフェが好きだから。


喫茶店文化が根付いている愛知県で生まれ育ったのが理由かどうかはよくわかりませんが、小さい頃から喫茶店ってすごく身近なものでした。

そして大学生の時。2000年代初頭、日本にカフェブームが起こります。
そう、喫茶店ではなくて、カフェ。

丁度スターバックスが各地に出店をし始めた時で、エスプレッソを使った飲み物(カフェラテとか)が一般的に浸透し始めた頃、それと同時に「おしゃれな」カフェがそれこそ日本全国で一気に開店しました。


当時大学に通うために京都に住んでいた私は、京都での「カフェブーム」を目の当たりにしていました。


これは今思うと本当にラッキーだったと思います。カフェブームに乗っかって、見た目だけおしゃれなカフェが乱立していた当時、中身が伴わないお店はやはりすぐに無くなってしまいます。幸い京都は「カフェの聖地」といわれるほど、素敵なカフェがたくさんあり、多くは今も現役です。

そんなカフェブームの中にあって、「私はカフェが好きなんだ」と明確に意識するきっかけを作ってくれたのは、実は当時で20周年を迎えるほど歴史のあるお店でした。今でも時間さえ許せば、日本帰国時にわざわざ足を運びたくなります。

そのカフェは大学の真横にあって、でも値段設定は学生向けのお店ではなかったので学生の溜まり場になること無く、むしろ近所の常連さんや大学教授たちが静かに自分たちの時間を楽しむのに使われていました。20代前後の3万人の若者がすぐ隣りの敷地内にいるというのに、そのカフェはある意味「オトナの空間」でした。だからといって敷居が高いとかべらぼうに値段が高いわけではなく、ただ単に学生向きではなかっただけなのかもしれません。いつどんな時に行っても、落ち着いたいつものトーンで客である私を迎えてくれたように思います。

友達とお茶する時、1人でボーっとしたいとき、何かと理由をつけてそのカフェに足を運びました。特に氷河期の就職難と言われた当時、就職活動で疲れきった自分の癒すのは、一杯のビールでも居酒屋ではなくそのカフェでの空間でした。正直、あのカフェがなかったら、私はどうやって疲れを癒せていたのかと思うほど。

就職活動をしながらも、自分がカフェで働きたいという思いを持っていることは、もちろん自分でも気がついていました。しかし敢えてそちらには進まない道を選びました。そこには、「大学まで出してもらっておいて、カフェで働き始めるのは親不孝なんじゃないか。収入だって出世だって上場企業に比べたら見込めないし、仮に転職をしたいと思ったとしてもつぶしが利かない」という理由が有りました。

この時の判断のために別の意味で痛い目に会うことになりますが、今思うと私にとっては間違っていなかったように思います。結局巡り巡って、後々カフェで働くことになりますが。

以前のIT企業での仕事は、すごく興味深くやりがいも有りました。初めは良い同僚、上司に恵まれていたのですが、その後状況が劇的に変わり、会社で働くこと自体が苦痛になって行きました。また、元々IT系の人間ではない私。むしろ真逆のアナログ人間。どんなにその仕事自体が興味深いものであったとしても、この先10年20年と同じ仕事をしていることは想像できず、また一緒に働く人、会社の体制も私にとってはすごく大事な要素で、これ以上続けていても仕事を楽しめる状態に好転することはないだろうという判断、そして体調不良もあり、辞職することにしたわけです。



長いので分けます。
2013.03.04 / Top↑
先日、ものすごく久しぶりにブリストルでお世話になっているコノハナ姐さんと電話で話した時のこと。
最近続いている咳のこと、また以前コノハナ姐さんが話してくれた長く咳が続いていた友人のエピソードのこと(前回の投稿『ストレス咳』の中で触れた友人とは、コノハナ姐さんのことなのです)を話していたところ、再び姐さんから一言。


「冬の寒さとか暗さってどうにもならないものだから、気分が落ち込んでも『こんなもんだろう』としか考えていなくても、実は自分が思っている以上にストレスになっていたりすることだってあるのよね」


もしかしたら他の方には当たり前の事なのかもしれませんが、あたくしには正に「目からうろこ」でした。



「イギリスの冬=暗い、寒い、晴れ間がない」というのが当たり前で、誰にとっても鬱々するのは当然のこと。そんな誰にでも当てはまることに、どうして自分はうまく対応できないのだろう…と意識はせずとも無意識に思っていたような気がします。だからこそ、ウツ撃退ライトの購入まで5年もかかってるし(苦笑)。いつかイギリスの冬にも慣れるんじゃないかと思っていた節も。


私にとって目からうろこだったのは、同じストレスでも感じ方に違いがあるということ。


これまた、ほとんどの人にとっては当然のことをあたかも新発見のように書きましたが、少なくとも私に取っては新発見!これまで誰一人として、「イギリスのこの陰湿でどこまでも暗い冬が大好き!」なんて人には会ったことがないし(当たり前だけど)、誰も彼も「ほんと、イギリスの冬って憂鬱だよね」と口をそろえるからこそ、誰もが同じように耐えているんだと思っていたのです。


でも、もし自分が通常の人以上に寒さと暗さをストレスに感じていたら?



もちろん、毎年冬になると夏よりも頻繁に、もしくは少し深く落ち込むことは恒例行事で、決して「イギリスの冬が大得意」だとは思ったことはなく、むしろ「イギリスの冬、本当に苦手」と自認はしていたのです。でもその苦手具合は、多分他のイギリスに住む人達と同じレベルだろうと勝手に思っていたのです。

だけど、よくよく考えてみると…あたくし、寒さがきついだけで吐き気を催すことがあります。もしかしたら、寒さで筋肉が萎縮し、それが原因で肩や首の凝りを誘発し、底から頭痛、吐き気が来てるとも考えられるし実際そうなのだと思います。でも、イギリスの冬ではそれが私にとっての当たり前だったので、それを特別に「私ってイギリスの冬を通常レベル以上にストレスに感じているかも」と思ったことは無かったのです。

もしくは、憂鬱な冬の過ごし方へのアドバイスによくある、「暖かい部屋でパンやケーキを焼いてティータイムを充実させるなど、冬ならではの楽しみ方をしてみたら?」というようなものを読むと、「違うのよ、そんなレベルの鬱々具合じゃないのよっっ!キーーーっ!!!」となるくらいにイライラしたのですが、それでも心の何処かで、「う~ん、やっぱり気の持ちようなのかしら…。もっとなんでもポシティブに楽しめるようにならなくては」と、精神論的な考えにどこか固執し、それさえできるようになればイギリスの冬もへっちゃらになるのではと思ってみたり。


しかし、コノハナ姐さんの一言でなんだか

「あ~、そうそうそう!そうなのよ!!!

と、ものすごい合点ぶりに大声出したくなったほど!



ではその苦手意識を認識したからといって何がわかるかというと…冬から春に移行しつつある今の時期では、来年の冬のことはわかりませんが、まず「無駄な我慢」を少し緩和させようと意識することはできるんじゃないかなと思います。

「寒いし暗いのは当たり前。我慢するしか無いだろうが!」と思っていたのですが、「あ~、やっぱりこの暗くて寒いの、ホント嫌」と認めちゃったほうが、対応策を探しやすいというか。例えば、「冬は苦手だから、寒い時期に暖かいところに旅行に行こう」と事前に決めて、ある種の楽しみを作ったり(お金が許せば!)。


何にストレスを抱いているかを明確にして受け入れること…典型的日本人の私には簡単なことではありませんが、これってすごく大事なことなんだな痛感。これって、ストレスのみならず好きなことでも、自分がそれを「好き」であると受け入れないと、それ以上前には進んでいけなかったりしますよね。何事も「事実を受け入れる」って大事なんですね。


35歳になりたてホヤホヤで学んだことです。(忘れないようにブログに書いておきました。てへ☆)
2013.03.04 / Top↑
1月に日本からイギリスに戻り、まずは旦那のニックがインフルエンザに。私はなんとかインフルは回避したものの風邪を引き、1週間ほどぼーっとしながら仕事へ。

その風邪が治まってきた頃から、咳が出始めた。
嘘か真か、咳や鼻水などは風邪の症状の後期に出やすいと聞いたことが有り、これで風邪も収まってくれるものと思っていた。ところが、一ヶ月半経った今も、咳は出続けているという状態。

そのうち治ると思っていたのと、イギリスのGP(登録制の町医者。大きな病院にかかるにもGPを通さねばならない)に行ってもどうせ市販の薬をすすめられて更に数週間の様子見で結局何もしてくれないことはわかっていたので、医者にかからずにいた。


そうこうしているうちに、2月半ばに8年来の友人かっつんが日本から遊びに来てくれた。

「おゆりちゃん、それ肺炎何じゃない?」

と恐ろしい一言。どうやらかっつんの職場で、同じく咳が止まらず1ヶ月ほど放置していた同僚が、実は肺炎だったということが最近あったらしい。

さらに、ニック母にも「実は私も咳が止まらなくて、もう3回も抗生物質を飲んでるのよ。肺炎や、気管支炎かもしれないからGPに行きなさい」とのお達し。


まじっすか?
でも、一つ納得出来ない点が。上記の例だと、咳のために寝付くのも大変ということだったのだけど、私は眠るにも睡眠中も全く咳は出ず、朝起きると同時に再開。これって本当に肺炎とか気管支炎なんだろうか?と。


そこで数年前に知り合いから聞いた話を思い出した。
その知り合いの友人も数ヶ月間咳が止まらず、だからといって風邪や他の病気の症状は何も無かったそう。そこで務めている会社の企業医に相談してみたところ、「あなた最近、ストレス溜まってない?何か思い当たるフシは?」と聞かれ、咳がではじめる前に親族が他界したという大きなストレスを経験していた事を話すと、そのストレスが原因だと言われたとのこと。

なかなか自分を労る時間も気力も見つけられず、ずっとそのまま普段通りに仕事をし毎日を過ごしていたとのことで、その間ずっと咳が続いていたそう。その原因がわかり、ストレスを受け入れると咳も徐々に治まっていったとのこと。


身近で不幸があったということはないのですが、ストレスというと多々思い当たることが…。
また、『欝撃退ライト、その効果は?』の投稿でも少し触れましたが、咳が酷かった時期はとにかく欝も同じく酷く、見事な二重苦。更に私のみならず、八つ当たりされるニックは本当に災難。どうにかせねばと思っていたのですが、こういう時って頭がうまく働かず、物事を客観視したり理論的に考えることが難しくなっていました。



そこでまず取り掛かったのが(というと大げさですが)、ストレスの原因を明確にしていくこと。

-イギリスの天気(基本!)
-今回の日本帰国以降のホームシックとその原因(いつもとホームシックとの違い)
-仕事、職場の変化
-ずっと溜まっていたけど我慢していたこと、気付かないふりをしていたこと


意外とたくさん貯めこんでおりました(てへっ)☆


そして、そのストレスを軽減させるために今できることを実行することに。

-友人たちと会って話をする。気晴らしが重要!
-食生活の見直し。自分に合ったもの(和食)を多く摂る。
-仕事を辞める。


最後はいささか唐突にも見えるかもしれませんし、続けられるならもう少し長く続けたかったのですが、色々と限界だったのと遅かれ早かれ辞めるつもりでいた職場だったので、ストレスを抱え続けるのであれば今辞めようと。


最後に、ストレス軽減の効果は?


以前に比べる、咳がだいぶ治まって来ました。
2013.02.28 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。